個別銘柄

【ウォルト ディズニー】今、投資すべき3つの理由











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

ディズニー(DIS)の株価は、最近の悪材料で下落していますが、投資する絶好の機会です。



ディズニーの株価が下落した理由

コロナウイルスでテーマパーク休園

コロナウイルスの影響により、アジア3つのテーマパークが休園しています。

東京ディズニーリゾートについては、2月29日から3月15日まで休園をする予定です。

上海と香港のテーマパーク休園は、営業利益を2億8,000万ドル失うと予想されています。

CEOの交代

アイガー氏がCEO退任チャペック氏がCEOに就任する人事を発表。

アイガー氏の株式市場からの評価は高く、ディズニーのCEOを15年つとめました。

アイガー氏はCEO就任後、ピクサーやマーベルとルーカスフィルムとの取引を開始

積極的に動画配信サービスに取り組みました。

そして、テーマパークを中国にまで拡大。

長年にわたりディズニーの業績を押し上げました。

そんなアイガー氏の退任は株式市場では悪材料とされました。





ディズニーに投資すべき3つの理由

Disney+がヨーロッパでまもなく開始

Disney+は、月額6.99ドル(約730円)でディズニーのアニメや映画を視聴することができる動画配信サービスです。

現在、3,000万人以上がこのサービスを利用しています。

そのほとんどは、アメリカという状況です。

Disney+は3月24日からヨーロッパでサービスを開始する予定です。

ヨーロッパの市場はアメリカの市場と同程度で、ディズニーは世界で認知されているブランドです。

そのためDisney+がヨーロッパでも3,000万人のユーザーを獲得するのは難しいことではありません。

今は、Disney+の立ち上げで計上された費用が目立ちますが、ユーザーの拡大はディズニーの安定的な収益として長期にディズニーの業績を押し上げるはずです。

CEO交代の影響は限定的

元CEOのアイガー氏に対する期待が高かっため、今回の人事が株式市場で悪いニュースとして伝えられました。

しかし、アイガー氏は完全にディズニーを辞めたわけではなく、少なくとも来年までは、ディズニーで働くということを表明しています。

そして、新CEOのチャペック氏はテーマパーク部門の最高責任者をつとめていました。

値上げを続けながらも、入園者数を過去最大レベルまで引き上げた手腕が、高く評価されています。

テーマパークの再開

コロナウイルの状況によっては、テーマパークの休園が延長される可能性はあります。

しかし、これだけは言えるのが、テーマパーク休園は一時的で、いつかは開園するということです。

ディズニーのブランドは世界的に人気があり、テーマパークが開園すれば、再び世界の人々はディズニーリゾートを訪れます。

長期投資家は、一時的な収益の下落を気にする必要はないのです。





まとめ

ウォルト ディズニー(DIS)は、テーマパーク休園とCEO交代という2つの悪材料から売られました。

株価は、直近の高値から33%下落しています。

【ウォルト ディズニー5年チャート】

これらの悪材料は、ディズニーの不祥事やブランドに傷がついたわけではなく、一時的な材料です。

アイガーCEOの退任はディズニー+が軌道に乗ったため。

テーパパークはいつか開園して、たくさんの人が訪れます。

世界的に人気があるディズニーの株式を、1カ月前と比べれば、かなり安い価格で購入することができるのです。

モモ

私は、今回の下落でディズニーへの投資を開始しました。

モモ

ウォルト ディズニー(DIS)の情報は、米国投資情報サイト『モトリーフール』 でも多く取り上げられています。

モトリーフールを知らないという方や評判が気になりという方は、こちらの記事をご覧ください。