SOXL

【半導体株3倍レバレッジ】Direxion デイリー半導体株ブル3倍ETF(SOXL)とは?

モモ

今回は私が投資を検討しているDirexionデイリ半導体株ブル3倍ETF(SOXL)についてです。

10年間で株価は29倍!!

リスクは大きいですが、その分リターンも魅力的♪

モエ

この記事を読んで頂くと、SOXLがどんなETFか、半導体株の将来性、レバレッジETFの仕組みやリスクが分かります♪

Direxion デイリー半導体株ブル3倍ETF(SOXL)とは

 商品性

フィラデルフィア半導体株指数の運用実績の3倍の投資成果を目指すレバレッジETFです。

 株価チャート

【SOXLとS&P500指数を比較】

10年で株価は29倍以上上昇。

S&P500指数と比較しましたが、S&P500指数がほとんど値動きしてないように見えます。

【 SOXLとSPXL(S&P500ブル3倍TEF)を比較 】

こちらは、SPXL(S&P500の3倍の運用成果を目指すETF)と比較してみました。

同じ3倍レバレッジETFでもSOXLの方が値動きが大きいことが分かります。

 基本情報

設定日:2010/3/11

分配利回り:0.33%

分配金回数/年:4回

経費率:1.10%

SOXLへの投資は現物投資になります。

そのため信用取引のように高い費用を払うことや、借金を背負うこともありません。

経費率1.10%はやや高いように感じますが、手軽に3倍のレバレッジ投資ができる点を考えれば割高ではありません。

フィラデルフィア半導体株指数について

 フィラデルフィア半導体株指数とは

米国のフィラデルフィア取引所が発表している指数です。

半導体メーカーや半導体製造装置メーカーなどの銘柄、30銘柄で構成されています。

 上位組み入れ銘柄

上位組入銘柄は、エヌビディア(NVBA)インテル(INTC)テキサスインスツルメンツ(TXL)クアルコム(QCOM)ブロードコム(AVGO)アドバンストマイクロデバイセズ(AMD)マイクロンテクノロジー(MU)

これらの半導体メーカの株式に分散投資することが可能です。

  フィラデルフィア半導体株指数の今後

フィデラルフィア半導体指数の未来は明るいものだと思います。

半導体は私たちの生活にとって必要不可欠

その数は、これからも増えていくからです。

 

半導体は、ハイテク製品の脳の役割を果たしています。

計算をしたり記憶をしたり指示を出したりする部分なのです。

 

半導体は、パソコンやスマートフォン、WIFI機器や電波の基地局などのハイテク製品には必ず搭載されています。

私たちの技術のほとんどは、半導体に基づいているのです。

 

そして、近年の技術革新(クラウド、5G、AI、IOT、ロボット、AR等)によって、半導体の出荷ペースは、今までと比べ物にならないくらい加速していくことが予想されています。

これがスーパーサイクル従来のサイクルを飛び越えたサイクルという意味)です。

 

クラウド、5G、AI、IOT、ロボット、ARなどの技術は、私たちの生活に身近なモノとは言えません。

スーパーサイクルは始まったばかりだと思います。

レバレッジ型投資信託の仕組みを解説

レバレッジ型ファンドは、対象指数・相場の日々の値動きに対して2倍、3倍等のレバレッジをかけた運用成果を目指して運用を行なうETFです。

 レバレッジ型ETFの仕組み

手軽にレバレッジ投資ができて、長期で上昇している指数のレバレッジ投資であれば大きく資産を増やせるという点です。

信用取引の場合、追証により投資元本以上の損失が出る可能性があります。

しかし、SOXLの場合は現物投資のため投資元本以上に損をすることはありません。

むしろフィラデルフィア半導体株指数のように長期で上昇している指数のレバレッジ商品に投資できれば、大きく資産を増やすことが可能です。

 レバレッジ型ETFのデメリット

一番のデメリットは、ボックス相場に弱いというところです。

100の株価のものが10%下落した場合90になりますが、90の株価のものが10%上昇しても99にしかなりません。

「10%下落→10%上昇→10%下落→10%上昇」こういった相場があった場合、資産は少なくなってしまいます。

運用では、大きな損を出さないということも重要なのです。

まとめ

簡単にレバレッジ運用ができる点は魅力です。

上記のようにリスクは大きいものの運用に失敗しても借金を背負うことはありません。また、右肩上がりで上昇している指数に投資した場合、レバレッジ倍率以上の運用成果が得られます。

フィラデルフィア半導体株指数は長期で右肩上がりの指数なので、レバレッジETFの投資対象としては最適です。

SOXLに投資するリスクは大きいものの、大幅な下落に耐えることが出来るのであれば、リターンは非常に魅力的です。

モモ

レバレッジETFは値動きが大きいので、メルカリでモノを売ったお金でレバレッジ投資をしています。

モエ

半導体セクターに期待されるスーパーサイクルの記事については、こちらに詳しく載せています。

SOXL以外の、オススメ半導体関連株についても紹介♪

モモ

私が投資しているレバレッジ運用は、こちらの記事をご覧ください♪