投資理論

【2020年投資戦略】 米国ヘルスケア関連株への投資











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)/







モモ

皆さんは、2020年どんな銘柄に投資をされますか?

世界的に株高の今、投資すべき銘柄について語ります。



米国ヘルスケア関連株に投資すべき理由

私は今年、米国ヘルスケア関連株に投資をしようと思っています。

米国ヘルスケア関連株は、大統領選挙の翌年に上がりやすいからです。

下の図を見て頂くと大統領選挙の翌年のリターンが最も高くなっていることが分かります。

米国ヘルスケア関連株の買い時

近年、アメリカで医療費高騰が社会問題になっており、薬価引き下げや保険制度見直しは政治的な争点になっています。

例えば、2016年の大統領選を振り返ると、有力候補だったヒラリー・クリントン氏の薬価引き下げに関する発言を受けて、米国ヘルスケア関連株式は年次リターンマイナス3%と低調でした。

しかし、大統領選の翌年2017年はプラス22%と大幅に上昇したのです。





おすすめ投資戦略

私は、2021年を見据えて米国ヘルスケア関連株式に投資しようと思います。

なかでもオススメは、バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)です。

バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)は米国のヘルスケア関連株式に幅広く投資をしていて、保有期間中の費用はわずか年0.1%です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は医薬品、医療機器から一般消費者向け製品まで幅広いヘルスケア製品を扱っており1製品あたりのリスクが低いこと56年連続増配という安定感があります。