個別銘柄

【APPL】アップル 人々の命を救うapple watch











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







アップルへの期待

モモはアップルがハードウェア会社からサービス企業に移行することを期待しています(^^)

今回はモモが期待しているApple Watchについてです!

上の記事にあるように、アップルは主力のiPhone、Mac、iPad以外の製品の売上をぐんぐん伸ばしています。

なんと、世界で一番売れている腕時計はロレックスやオメガではなく、 Apple Watchなのです!!

Apple Watch ができること

まずは、時計です(^^)当たり前です笑

ただし、今までの時計と違い、画面になっているので、アナログやデジタル、ミッキーのデザインや好きな写真、温度や天気などカスタマイズすることが可能です。

デザインも非常にスマートです。

次に、iPhoneへの電話、メール、LINE、Facebookなどの通知を表示します。

Apple Watchで通知を見て、返事が必要ならiPhoneで書いたり、Apple Watchで、音声入力で返事を書く、絵文字を送るということも可能です。

そして、 心拍数・心電図を図れる機能が備わっています!!!

ユーザーの動きを感知しているので、消費カロリー、運動量などを自動的に記録してくれます。

Apple Watch Series 4の「転倒検出機能」 は、 転倒が検知されてから一定時間動きがなかった場合、自動的に着用者の位置情報を緊急通報サービスに連絡してくれます。

Apple Watchに命を救われた人々①

アメリカのフロリダ州に住む18歳の女性、ディアナさん 。

ディアナ さんは、日ごろから Apple Watch をつけて生活していました。

そんな中、突然Apple Watchの心拍センサーが190拍/分という異常に高い心拍数を計測したのです。

ディアナさんに自覚症状はほとんどなく、頭痛と少し呼吸ペースが速くなっているのを感じた程度でした。

その時のことを、母親のステイシーさんは、

「時計が医師の診断を受けるように警告してくれました。」

「この時計にそんな機能があるなんて思いもしませんでした。」

と振り返っています。

医師の診察を受けた結果、 ディアナさんは、慢性腎疾患で、腎臓が20%しか機能していない状態だったことが分かりました。

もし診察を受けずに放置していたら、腎移植が必要な事態になっていたかもしれないことも分かりました。

ステイシーさんは、娘が助かった感謝の気持ちを、ティム・クックCEO宛の手紙にしました。

ティム・クックCEOはこの手紙に対して、「ディアナに起こったエピソードが、大きな夢を見て日々仕事に励む源になる」とツイートしました。

Apple Watchに命を救われた人々②

ミシガン湖で写真撮影をするためにジェットスキーに乗っていたフィリップ・エショーさん。

ミシガン湖は世界で5番目の面積をもつ淡水湖 で、湖なのにビッグウェーブが来ます(>_<)

下の画像はミシガン湖にサーフィンをしに行っている人です。

フィリップ・エショーさん は、そんなミシガン湖で、波にのまれて、まさかの転覆( ゚Д゚)

その拍子にiphoneを水中に落としてしまいました。

彼は救命胴衣を着用していたものの、周囲に人はおらず、波は湖の中に彼を押し込み続けました。

助けがなければ溺死するのは時間の問題という状況です( ゚Д゚)

しかし彼は、 Apple Watch 単独でセルラー通信ができる機種を装着していたため、緊急通報機能を利用して救護を要請しました。

彼は、波の間で電話が繋がったのかを確認するのが出来ないほどだったと振り返ります。

通報後、救助艇とヘリコプターが到着し、無事に救助されました(;´・ω・)

波に飲み込まれそうになる中でiphoneを失い、この状況で Apple Watch がなければ助からなかったかもしれません。

そう考えると Apple Watch がまた一つの命を救ったのです!(^^)!

まとめ

この他にも、ネットを調べると心拍数の異常から病気が見つかった人、転倒により意識を失った高齢者が Apple Watch に命を助けられた例はたくさんあります。

Apple Watch がこれだけ短期間で世界で一番売れる時計になったことを考えると、人々にとって、時計は時間を確認するだけのものではなくなっている気がします。

アップルの2018年、 Apple Watch 出荷台数は2,250万台でした。

アップルはこれから膨大な人々の心拍数を含めた身体情報を収集するでしょう。

これらの情報を人々の生活をより良くするものに利用して、様々なサービスを創出するアップルに期待しています。