個別銘柄

【APPL】アップル好決算 今後もサービス・ウェアラブル部門に期待











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







第3四半期決算発表

アップルは7月30日(米現地時間)、2019年第3四半期(4月〜6月)の決算を発表しました。

内容は良かったです。

今回の決算では、 総売上高は538億ドルで、3四半期ぶりに増収。

ウェアラブル機器やサービス事業が好調で、iPhone販売の落ち込みを、おぎなうことができました。

Apple WatchやAirPodsなどを含むウェアラブル・ホーム・アクセサリー事業の売上高は55億3000万ドルで48%増、サービス事業は114億6000万ドルで12.6%増と、両部門とも過去最高に達しています。

また、 新型モデルを発表した Mac、iPadについても好調で、Macは58億ドルで11%増、iPadは50億2000万ドルで8%増と堅調な伸びとなっております。

売上高に占めるiPhoneの比率が半分以下に

今回の決算で私が最も良かったと思うのが、サービス・ウェアラブル事業が好調で総売上高に占めるiPhoneの売上が半分以下となったことです。

【アップル売上構成18年9月期】

2018年9月期決算で発表された売上高の内訳では、約6割がiPhoneの売上でした。

今までアップルの株価は、iPhoneの販売台数や売上によって左右されていました。

iPhoneの売上が減速している中で、利益率が高いサービス部門を今後どれだけ伸ばせるか楽しみです。

米中貿易摩擦の影響

中国本土での売上高は91億6000万ドルと4%の減少となりました。

それでも前四半期の22%減よりは大幅に改善しています。

米中貿易摩擦については長期化する可能性がありますので、ここについては今後も注意して見ていく必要がありそうです。

まとめ

今回の決算で、アップルのサービス事業への期待が、より高まりました。

株式市場では、ハードウェア企業のPERは低く、サービス企業のPERが⾼い傾向があります。

現在のアップルの予想PERは約18倍なので、この水準であれば追加投資も検討していこうと思います。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました(^_-)-☆

過去のアップルに関する記事