個別銘柄

【APPL】Apple Watch Series 5で株価上昇の可能性!











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







Apple Watch Series 5発売

 

9月20日にApple Watch Series 5が発売されました。

 

今回は、新型iPhone11とApple Watch Series 5が同時発売

 

新型iPhone11のカメラ機能が素晴らしく予約が好調 のため、その陰に隠れてしまっていますが、アップル投資家としてはApple Watch Series 5に期待 しています。

 

「Always on」で腕時計派の需要取り込み

 

Apple Watch Series 5から新たに加わった機能が「ALways on(常時点灯)」 です。

 

今までのApple Watchの致命的な弱点 は、使用していない時にスリープ画面になってしまい、接客やミーティングで時間をチラ見できないことでした。

 

真剣な接客やミーティングの場で、腕時計であれば少し目線を外すだけで時間を確認できますが、今までのApple Watchはスリープ状態を解除しなければいけないため、真剣な場で時間を確認しずらかったのです。

 

常時点灯機能でApple Watchは晴れて腕時計となり、 腕時計を求める層の選択肢になったのです。

 

そして、常時点灯していながら、バッテリーのもちは良くなっていて、18時間電池がもつと発表されています。

 

ナイキやエルメスなどのブランドとコラボしている点も期待ポイント の一つです。

 

ウェアラブル&サービスの伸びに期待

【アップル売上構成比】

アップルの売上の6割はiPhoneの販売 です。

 

今までアップルの株価はiPhoneの売上に左右されていましたが、iPhoneの買い替えサイクルの長期化で、他の部門の売上をどれだけ伸ばせるかが今後の株価を左右していくでしょう。

 

【アップルのサービス・その他製品が売上に占める割合】

アップルミュージックやアップルストアなどの「サービス」、Apple WatchやAirPodなどの販売をしている「その他製品」の売上順調に売上比率を伸ばしています。

 

iPhoneのシンプルなデザインや操作方法、android携帯への乗換をする場合、煩わしい切替作業があることなど、iPhoneユーザーは長期でiPhoneを使う傾向があります。

 

そのため、iPhoneと互換性の高いサービスや製品は、iPhoneユーザーの選択肢になります。

 

今のアップルにはiPhone以外にも、たくさんの素晴らしいサービスや製品があります。

 

Apple Watch Series 5が多くの人に浸透して、アップルの売上を伸ばすことに期待しています。