個別銘柄

【FB】フェイスブック リブラ キャッシュレス化する未来

世界最⼤のSNS企業が仮想通貨「リブラ」を発表

モモは本気で人々が現金を一切もたなくなる時代が来ると思っています(^^)v

リブラは、世界に新たな決済手法、課金方式、収益分配をもたらし、貧困に悩んでいる人を救う等、世界そのものを変える可能性があると思います。

リブラの特徴

①グローバルな金融インフラ

②裏付け資産による価格の安定

③ブロックチェーン技術

リブラは「国境のないグローバルな通貨と金融インフラになること」を目標としています。

銀行を中心とする金融インフラは巨大でコストが非常に高いという特徴があります。

スマホで簡単に決済や送金ができれば金融インフラが整備できない新興国でも先進国並みの決済手段が利用できます。

また、裏付け資産を取ることで価格の乱高下を防ぐ仕組みを取っています。

ビットコインに代表されるような仮想通貨は、裏付け資産がなく割高か割安かの判断が付きづらいため、投機色が強くなります。

リブラは 米ドルやユーロなどの通貨や国債を 裏付け資産として取ることにより、 裏付け資産が価値の下支えをしてくれます。

また、裏付け資産から得られる利子を、システムの経費にあてることができるのです。

そして情報改ざんが難しいブロックチェーン技術を基盤としています。

リブラには世界の決済市場を独占しているマスターカード、ビザ、ペイパルが参画することが決まっています。




リブラがもたらす未来

リブラは「お金のインターネット化」を実現するでしょう。

お金には国境があります。

通貨は国によってバラバラで180以上の通貨があると言われています。

最近、普及し出したバーコード決済も日本のペイペイや、中国のアリペイのように国によって違いがあります。

フェイスブックは世界各国に27億人のSNS利用者がいます。

ビザやマスターカード、ペイパルなどの決済プラットフォームを活用することによりリブラは急速に広がるのではないかと思います。

銀行やクレジットカードのサービスを受けることが出来ない新興国は、まだまだたくさんあるのが現状です。

リブラは携帯とネット環境さえあれば、先進国と共通の決済や送金サービスを受けることができます。

また世界経済の成長は、新たなグローバル決済方法や送金方法が生まれることにより加速するでしょう。

リブラの問題

①フェイスブックによる過去の個人情報流出

②銀行のサービスが奪われることによる経済への悪影響

③国をまたいだ法整備

一つ目の問題として、フェイスブックは2018年に外部から攻撃を受け5,000万人の情報が流出した事故が起きました。

リブラの普及において、創造者の悪いイメージを払拭することが最大の問題になるかもしれません。

ただ、リブラの場合、 フェイスブックは出資者の1社でしかないということです。

フェイスブックはリブラで得た情報を自社の広告事業に直接活用しないと発表しています。

リブラの発行主体はリブラ協会となり、リブラ協会が発行・償還、システム開発を行います。

2つ目の問題として、銀行預金が大量にリブラに移り変われば銀行の経営に打撃を与える可能性があります。

これは資本主義社会では仕方ないことです。

日本ではみずほ・ゆうちょ・地方銀行がJコインというデジタル通貨を発行していますが、これは失敗に終わりました。

銀行はフェイスブックのように法律の枠組みを超えた新しいサービスを創出していかなけば生き残れなくなるでしょう。

モモの家庭は、半年先まで使う予定のお金以外すべて株にしていて銀行株は1銘柄も所有していません。

銀行が破綻してもモモの家庭の資産に与える直接の影響はありません、リブラによって変わる世界にモモは投資しようと思います。

3つ目の問題として国をまたいだ法整備が必要になるということです。

各国の規制当局でつくるFSB(金融安定理事会)のクオールズ議長は主要各国の首脳に、リブラを念頭に厳密な審査を求めました。

麻生金融相も「国際的な連携を厳密にしつつ対応を詰めなければいけない」と発言しています。

今後はFSBを中心に課題の整理をしていく方向になるでしょう。

ひとつ言えることは今後各国が、リブラによる経済成長と、規制による自国産業保護のどちらを選択していくかです。

グローバル経済において規制を強化していく国は淘汰されていくと思います。

まとめ

フェイスブックのリブラは今までの法律の枠組みにとらわれない新しいサービスですが、乗り越える障壁は多くあります。

モモはリブラによってもたらされるキャッシュレス世界を楽しみにしています(*´▽`*)

今日も読んで頂いてありがとうございました(*‘∀‘)