ポートフォリオ

【SBI証券】ポートフォリオ公開 2019年10月13日






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/














SBI証券の運用について

SBI証券はメイン証券会社として利用しています。

ネット証券なので取引手数料が低く、画面が非常に分かりやすいのが特徴 です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

保有銘柄別 投資損益

円ベースでの時価評価額は、9,231,474円  となりました。

円ベースでの投資利益(配当込)は334,016円 でした。

(為替は平均購入レートが111.01円、現在の為替108.40円で計算)

投資割合

コメント

オートマチック データ プロセシング(ADP)とシスコシステムズ(CSCO)の追加投資を検討中。

 

オートマチック データ プロセシング(ADP)の投資割合が2%台になったため購入検討中です。

2017年5月に購入してから、上昇し続けているため追加投資する機会がありませんでした。

【ADP株価チャート3年】

直近の高値174.50米ドルから約7%しか下落していませんが、ポートフォリオ調整もかねて購入します。

ADPは世界最大級の給与計算代行会社 です。

全米で50万社を超える企業を顧客としています。

安定した顧客基盤から配当は44年連続増配中 です。

不景気になると企業はアウトソーシングを増やす傾向になるためハイテク企業ではあるものの、不景気に対する耐性はある程度あります。

 

シスコシステムズ (CSCO)については、10/11にアナリストが投資判断を引き下げたため下落しました。

米中貿易摩擦の影響を受け、各企業が5Gへの設備投資を後ろ倒しにする可能性 がでてきたため短期的に弱さが見られます。

しかし、シスコシステムズは通信機器開発では世界最大の会社 で、5Gインフラを整えるうえで欠かせない存在 です。

今後、世界のインターネットトラフィックが増加することは、ほぼ確実 でシスコシステムズは、その恩恵を受けることができる 企業であるため調整局面では積極的に追加投資していく方針です。

現在、配当利回りは約3%で割安感 があります。

 

仙台への引っ越しでバタバタしていましたが来週から投資再開します。

 

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。