ポートフォリオ

【SBI証券】ポートフォリオ公開 2019年11月10日






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/














SBI証券の運用について

SBI証券はメイン証券会社として利用しています。

ネット証券なので取引手数料が低く、取引画面が非常に分かりやすいのが特徴です。

保有銘柄 投資損益

円ベースでの時価評価額10,146,632となりました。

円ベースでの投資利益(配当込)は774,558円でした。

(為替は平均購入レートが110.96円、現在の為替109.27円で計算)

11月5日にAT&Tから97.36米ドル(約1万円)の配当を受け取りました。

ポートフォリオ

直近の売買

10月28日にマクドナルド(MCD)に約10万円追加投資しました。

10月31日にオートマチック データ プロセッシング(ADP)に約10万円追加投資しました。

11月1日にシスコシステムズ(CSCO)に約6万円追加投資しました。

今後の運用について

マクドナルド(MCD)とマイクロソフト(MSFT)に追加投資予定。

 

マクドナルドは10月22日に発表された第3四半期決算(7~9月期)が悪かったこと、11月3日にスティーブ・イースターブルックCEOが不倫で解任されたため株価は下落しています。

スティーブ・イースターブルックCEOは2015年に就任して以来、低迷していたマクドナルドの株価を2倍にしました。

そんな天才経営者がいなくなってしまうのは残念ですし、他社との競合も激しくなっています。

しかし、ハンバーガといえばマクドナルドというブランドイメージが強く、フランチャイズ店からのロイヤリティ、賃料、配当は同社の安定的な収益源となっています。

低価格な価格帯で、不況への耐性もあるため追加投資を検討しています。

マイクロソフト(MSFT)については、クラウドAzureが売上59%増と好調です。

世界のクラウド市場自体が毎年2桁成長しており、IT企業インフラで元々高いシェアを持っていた同社のシェアは今後、ますます高まると予想しています。

来年予定されているスマホ事業への参入も期待しています。

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。