個別銘柄

【T】AT&T HBOマックスで動画配信サービスに参入

エンターテイメントと通信の融合

事業多角化を目指しているAT&Tですが、予想PERは約13倍、配当利回りは約6%と非常に割安な状況です。

買収したディレクトTVやタイム・ワーナーを、どのうように活用するかが注目されています。

そんなAT&Tですが、2020年春からスタートの動画配信サービス「HBOマックス」を発表しました。

HBOマックスについて

HBOはHome Box Officeの略でアメリカのケーブルテレビ放送局です。

日本でいうWOWOWのようなものです。

1989年にタイム・ワーナー発足により、その傘下となりました。

AT&Tがタイムワーナーを買収してから、今回の動画配信サービスHBOマックスが初めての大きな取り組みであると言われています。

HBOマックスの料金体系は、HBOが既に展開している動画配信サービスHBOナウの14ドル99セントを上回り、業界最高水準となる予定です。

これはNetflixの人気プランやディズニープラスよりも高い価格設定です。

ワーナーメディアが所有する10,000時間以上のコンテンツを配信する予定で、コメディドラマ「フレンズ」など人気コンテンツを独占放送する予定です。

HBOは「フレンズ」以外にも、日本で馴染みがある「セックス・アンド・ザ・シティ」や、エミー賞史上最多12冠を達成した「 ゲーム・オブ・スローンズ 」などの人気コンテンツを保有しています。

競争が激しい動画配信サービス業界ですが、HBOマックスが業界シェアを獲得し、モモの保有するAT&Tの株価が上がるのを期待しています。

本日も、お読みいただきましてありがとうございました(*´▽`*)