個別銘柄

マイクロソフト(MSFT)13万円購入 クラウド化する未来






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







世界最大のソフトウェア企業、マイクロソフト(MSFT)の株式を1株134.19米ドルで9株購入しました。

マイクロソフトについては今回初めての購入となりました。

以前から購入を検討していた銘柄でした。

やっと購入することができました。

クラウド事業azure  売上成長率70%

モモがこの銘柄で最も期待しているのが クラウド事業の成長です。

現在、世界シェア1位はアマゾンのAWSで、マイクロソフトはそれに次ぐシェアを占めています。

マイクロソフトのOfficeシリーズのソフトウェアはビジネスソフトとして共通化されていることから互換性など考えた際、マイクロソフトは優位な立場にあります。

また、アマゾンは他業種展開しており、アマゾンの影響で売り上げが下がる企業はアマゾンのAWSを利用したくないと考えるのが普通です。

マイクロソフトは今後、市場シェアをどんどん伸ばしてくれるのではないかと思っています。

クラウド化する未来

世界のクラウド市場規模(ガートナー2019年4月時点予想)

世界のクラウド市場の成長率は年率約16%と高成長する予定です。

市場がこれだけ高成長しているのは 企業がクラウドを利用することによりIT設備投資費用を削減することが可能で経営を効率できるからだと考えます。

クラウドサービスを利用する顧客はクラウド企業の管理するリモートセンターにあるサーバーにアクセスしソフトウェアを動かしてサービスを利用するということになります。

つまり従来のように前もって社内に専用のシステムを準備しなくてよい。

高額のIT設備投資が必要なく、また使用するコンピューターにソフトをインストールすることもありません。

ただインターネットに繋がりさえすれば、契約後いつでも、どこからでもリモートセンターに繋いで最新のサービスを受けることができるのです。

また、景気が低迷した場合、企業はアウトソーシングしようとする動きが高まることから安定的な需要が見込めます。

まとめ

世界のクラウド市場は今後、高成長が期待できる。

マイクロソフトはビジネスソフトウェアの高シェアを活かして、クラウドを提供していくと思います。

マイクロソフトの予想PERは30倍ですが、クラウドの成長余地を考えれば、まだ買える水準かと思います。

モモはマイクロソフトがクラウドで人々の暮らしをより便利にする未来に投資します(^^)/

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。