ポートフォリオ

メインポートフォリオ公開 2021年4月末






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、わたしのポートフォリオを公開します。

モエ

現状を確認するのは重要。

足元では、米国企業の決算が好調。わたしのお金も増えました♪

やはり米国企業は強い。

今後の投資戦略についても発表します。

それでは見ていきましょー!








保有銘柄 投資損益

円ベースでの時価評価額は、27,971,075円となりました。円ベースでの投資利益(配当込)は、7,929,299でした。

(米ドルは109.27円で計算、香港ドルは14.07円で計算)

ポートフォリオ

4月に取引した銘柄

購入した銘柄

  • トゥイリオ(TWLO)追加投資
  • アドバンス・マイクロ・デバイシズ(AMD)新規投資
  • ショッピファイ(SHOP)新規投資
  • レモネード(LMND)追加投資
  • iFreeNEXT NASDAQ100追加投資

売却した銘柄

  • アドバンス・マイクロ・デバイシズ(AMD)全部利益確定
  • スリープナンバー(SNBR)全部損切り
  • スキルズ(SKLZ)全部利益確定

4月相場振り返り

先月末と比べて123万円、増えたね♪

もともと保有割合の大きかったアップル・マイクロソフト・エヌビディアが好調♪

4月中旬から末にかけて、アメリカの大手企業の決算が集中していました。

アップル、マイクロソフトは、決算が良かったこともあり株価は堅調に推移しています。

エヌビディアについては、インベスターデイが開催され、

ARMベースのCPU開発、ソフトウェアのマネタイズなど好感され株価が上昇しました。

先月のポートフォリオ公開で、注目のリカバリー銘柄にあげていたプロジニーとアールエイチも好調♪

新型コロナワクチンによる経済再開の期待からリカバリー銘柄が好調に推移。

アールエイチについては、バリュエーションが高くなってきたので利益確定をする予定です。

ファイバーやフツなど小型グロース株が低調。。。

新型コロナの恩恵を受けていた小型グロース株が低調です。

これらの銘柄は、今後1年程度、上がりにくい状態が続く可能性があります。

バランスの取れたポートフォリオ、バリュエーションを意識した購入タイミング、適正な利益確定が重要だと考えています。

今後の投資戦略について

小型グロース株に魅力を感しています。

さっき1年くらい上がらないかもと言ってなかったっけ。

すぐに上がらないと思っています。しかし、小型グロースの中には非常にバリュエーションが低く期待できる銘柄があります。1〜3年先に大きな利益をもたらしてくれる会社に投資するチャンスだと考えています。

例えば、ズームビデオ・コミュニケーションズ(ZM)です。

当ブログで、ズームの記事を初めて買いたのは2020年4月4日。株価は128ドルの時でした。

現在、ズームの株価は319ドルと大きく上昇しました。

しかし、バリュエーションについては、直近1年間で最も割安な水準だと考えています。

アナリストが予想する2021年度の売上高成長率44.6%、ズームのEV/S(NTM)は23.6倍。

ズームはビデオ会議システムだけでなく、ズームフォンやズームAPIなどに力を入れており、

今後、長期で成長が期待できる銘柄だと考えています。

コロナが終わったらズームの成長が止まるのではないかという不安からズームは不人気な銘柄になってしまった。

人気の銘柄が不人気になるということは、よくあることです。

しかし、その逆、不人気な銘柄が人気の銘柄になることもあります。

例えば、わたしのポートフォリオで最も大きい部分を占めるソフトバンクグループ。

コロナショックの時、ソフトバンクグループは破綻するかもしれないとさえ言われました。

(わたしは決算書を読めるので、ソフトバンクグループが破綻するとは1ミリも思いませんでしたが。)

しかし、次々とソフトバンクグループの投資先がIPOし、投資事業は成功。

現在、ソフトバンクグループは優秀な投資会社だというイメージを持っている人が多いでしょう。

現在の小型グロース株の低迷は、第2のソフトバンクグループを見つけるチャンスだと考えています。今まで以上に銘柄分析を頑張ります!

次のポートフォリオ公開は5月末の予定です♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。