ポートフォリオ

メインポートフォリオ公開 2021年7月末






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、わたしのポートフォリオを公開します。

モエ

現状を確認するのは重要。

中国政治リスクが高まったため中国株が大暴落。わたしのお金も減ってしまいました。

中国株怖い。

中国ハイテク企業の成長は魅力的なので、中国投資は辞めません。しかし、今回の件でカントリーリスクを分散させることが重要だと再確認しました。今後の投資方針を発表します。

それでは見ていきましょー!








保有銘柄 投資損益

(米ドルは109.70円、香港ドルは14.11円で計算)

円ベースでの時価評価額は、29,601,808円となりました。円ベースでの投資利益(配当込)は、8,148,206でした。

投資利益は、100万円以上減った。

中国株は暴落しましたが、S&P500は最高値圏で推移。ある程度の損失をカバーしてくれました。

国際分散投資は大事。

ポートフォリオ

7月に取引した銘柄

購入した銘柄

  • モデルナ(MRNA)新規投資
  • アトラシアン(TEAM)追加投資
  • アップスタート(UPST)追加投資
  • ビリビリ(BILI)新規投資
  • iFreeNEXT NASDAQ100積立投資

モデルナを良いタイミングで購入することができました。

この後、モデルナはS&P500に採用され株価は大きく上昇しました。

中国版ニコニコ動画と言われるビリビリを買いました。

以前から、ずっと欲しかった銘柄で、下落してくるのを待っていた銘柄です。

90ドルを下回ったら買うと決めていたので購入しましたが、

中国政治リスクが気になったため、投資金額は少額です。

売却した銘柄

  • プラネット・フィットネス(PLNT)全部損切り
  • 中国インターネット株2倍ETF(CWEB)全部損切り

プラネット・フィットネスは、新型コロナのデルタ株で、しばらく上昇しない可能性があるため解約しました。

中国インターネット2倍ETFについては、中国株の中で最も損失が大きかったことと、キャッシュを確保したかったため売却しました。

今後の運用方針について

世界分散を考慮してポートフォリオを組む。

今月は、中国株にかなり焦らされました。

中国株への投資割合を、今年の2月に減らしていたので救われました。

今後は、より国の分散を意識して、ポートフォリオを組もうと思います。

最近は、アメリカ、中国、日本以外に投資をしやすい環境にあるため、分散したポートフォリを組むことができます。

例えば、カナダ企業であるショッピファイやルルレモン、オーストラリア企業であるアトラシアン、東南アジアのシーリミテッド、南米のメルカドリブレ、イスラエルのファイバーやウィックスなどが候補に上がります。

引き続き調整に備える。

S&P500は、最高値近辺で推移しており、年初来からのリターンやバリュエーションを考えると、調整があってもおかしくはありません。

調整に、しっかりと準備をして、優良株に安く仕込む機会を狙っています。

関連記事がこちら♪

次のポートフォリオ公開は7月末の予定です♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。