ポートフォリオ

メインポートフォリオ公開 2022年1月末






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

毎月恒例のポートフォリオを公開♪

モエ

現状を確認するのは重要。

今後の投資方針についても発表します。

それでは見ていきましょー!








保有銘柄 投資損益

1米ドル=115.08円で計算

円ベースでの時価評価額は、28,822,086となりました。円ベースでの投資利益(配当込)は、4,997,402でした。

先月と比べ、投資利益は397万円少なくなりました。

ポートフォリオ

1月に取引した銘柄

売却した銘柄

  • フツ(FUTU)全部損切り
  • ニオ(NIO)全部損切り
  • シーリミテッド(SE)全部利益確定
  • スノーフレイク(SNOW)全部利益確定
  • ユニティ(U)全部利益確定
  • テンセント(00700)全部損切り
  • ジースケイラー(ZS)全部利益確定

カントリーリスクの低いアメリカ株がかなり安くなってきたので、新興国に投資していた資金でアメリカ株を買いました。

また、調整の後は、優良な大型株から株価が戻りやすいので、小型株のウェイトを少なくして大型株のウェイトを大きくしました。

購入した銘柄

  • マイクロソフト(MSFT)追加投資
  • SVBファイナンシャルグループ(SIVB)新規投資
  • ペイコム・ソフトウェア(PAYC)追加投資
  • エアビーアンドビー(ABNB)追加投資
  • エッツィ(ETSY)追加投資
  • アトラシアン(TEAM)追加投資
  • ナイキ(KNE)新規購入
  • ウォルト・ディズニー(DIS)新規投資
  • アイデックス・ラボラトリーズ(IDXX)追加投資
  • ASMLホールディングス(ASML)追加投資
  • ファイバー・インターナショナル(FVRR)追加投資
  • ショッピファイ(SHOP)追加投資
  • アルファベット(GOOG)新規投資
  • iFreeNEXT NASDAQ100積立投資

先月のポートフォリオ公開に書いた通りの投資戦略を実施。

今後の運用方針について

やっと調整局面が来てくれました♪

1月は、S&P500が最高値から12.4%下落。

株価指数の10%下落は、調整と定義されています。

『調整局面に買いたい超優良株5選』という記事で書いた通り、アメリカの株式市場が調整することは1年に1回程度しかありません。

また、調整に対して、準備しておくことが重要だと考えています。

これから購入する銘柄は、今月、投資した銘柄を中心にしようと思っています。

ただし、SVBファイナンシャル・グループについては、追加投資をするか悩んでいる部分もあります。

SVBファイナンシャル・グループはシリコンバレーで活躍する銀行です。

当ブログでは、複数回、紹介してきた銘柄です。

SVBファイナンシャル・グループに投資したのは、長期金利上昇の恩恵を受けると考えたからです。

購入してから気づきましたが、長期金利が思ったより上昇しない可能性もあります。

現時点でも米国10年債利回りは、先進国国債の中で十分高い利回り。

保険会社など安定志向の機関投資家から米国債が買われると、金利が上昇しにくくなります。

また、インフレが鎮静化することも長期金利が上がりにくい要因になると考えています。

CPI(消費者物価指数)の川上の指数であるPPI(生産者物価指数)の伸びに鈍化が見られます。

株価は、短期金利より長期金利の影響を受けます。

長期金利が上昇する場合と、上昇しない場合の両方を想定して購入する銘柄を選定しようと思っています。

長期金利が上昇しない場合は、グロース株が優位となります。

1月は久しぶりの調整や、バリューが買われたり、グロースが買われたりと変化の大きい月でした。

今年1年は、今月のような相場が続く可能性があります。

今まで以上に企業分析を頑張って、長期で良いパフォーマンスが見込める銘柄に投資したいと思っています。

次のポートフォリオ公開は2月末の予定です♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。