個別銘柄

東京ディズニーリゾート値上げ!株価上昇中の優良銘柄に投資しない理由











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)/







超人気テーマパーク 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートに来場する人の9割以上はリピーター で、超人気テーマパークです。

 

私も今までの人生で6回、 東京ディズニーリゾート に行ったことがあります。

 

昨年、世界のテーマパーク入場者数で東京ディズニーランドは第3位東京ディズニーシーは第4位 となりました。

 

東京ディズニーリゾート値上げ

東京ディズニーリゾートの運営会社オリエンタルランド(4661)は、9月20日に消費税増税の対応を発表。

 

2019年10月1日以降、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでチケット料金を改定 するとのことです。

 

これにより、1デーパスポートは大人7400円から7500円2パークの年間パスポートは大人8万9000円から9万1000円 となります。

 

今回は増税対応とのことですが、超人気テーマパーク は、日本がデフレに悩む中、どんどん値上げしています。

 

【ディズニー「ワンデーパス」チケット金額推移】

値上げをしても来場者は増加 しており、株価は10年で10倍以上値上がり しました。

 

東京ディズニーリゾートは魅力的なコンテンツを提供しており、値上げができる優良な会社 です。

 

それでもオリエンタルランドに投資しない理由

オリエンタルランドに投資しない理由は、日本の物価上昇率が低いから です。

 

日本は人口が減っていて消費意欲が少ない ため、今年の物価上昇率は1%以下 の見込みです。

 

アメリカは人口が増加 しており、今年2%以上の物価上昇 を見込んでいます。

 

東京ディズニーリゾート は、日本の物価上昇率が低い中で、それに逆行するようなかたちで、いつまで値上げできるのか分かりません。

 

私たちは、企業の売上が2%ずつ上昇していくかもしれない市場か、1%も上昇しない市場選ぶことができるのです。

 

私は迷うことなく、 企業の売上が2%ずつ上昇していくアメリカの市場でお金を働かせたい と思います。

 

アメリカ市場で上場するウォルトディズニー については購入を検討しています。