お役立ち情報

N国が投資家にもたらす未来

大衆の共感を得るN国

「NHKをぶっ壊す!!」のキャッチフレーズで有名になったN国(NHKから国民を守る党)立花孝志さん

「NHKを見ない人は受信料を払わなくてもよい。」という主張が大衆の共感を得て、参院選の政党要件を獲得し国会議員となりました。

立花氏は、「私のような人間が当選するのは好ましいことではないと思います。」と語ります。

私もそう思いますが、それ以上にNHKのあり方もっと問題だということです。

インターネットで情報をすぐに見ることができる現代社会において、公共放送の役割はなくなってきています

NHKの受信料は高すぎる

NHK放送受信料】

クレジットカード2カ月払

衛星契約:2,230円/月(4ch、メジャーリーグや欧州サッカーが見れる)

地上契約:1,260円/月( 総合と教育の2chしかない )

ネットフリックス料金】

スタンダードプラン:1,200円/月( 3,000作品以上見放題、オリジナル作品、映画、ドラマ、アニメ)

Amazonプライム料金】

プライム月額会員:500円/月( 3万作品以上見放題 、オリジナル作品、映画、ドラマ、アニメ、当日お急ぎ便やAmazonPhotosなどのサービスを利用できる。)

NHKの方がAmazonプライムやネットフリックスと比べて料金が高いのにコンテンツ数で劣っています

40代以下の世代は、ほとんどNHKを見ないのに年間で26,760円の受信料(衛星契約)を払わなければいけません。

YouTubeは無料で楽しめますし、そう考えるとNHKの受信料ってやっぱり高いんじゃないかなと思います。

そして投資家の我々は、この受信料を現在価値将来価値で考える必要があります。

NHK受信料を払わずに、S&P500で運用してみた

NHK受信料 2,230円/月を払わずに、S&P500投資信託を積立投資した場合、どれだけ増えるでしょうか。

ジェレミー・シーゲル教授の「株式投資の未来」で書かれているS&P500の長期(1957~2003)リターンはが10.85%だったので、少し厳しめに8%のリターンで計算します

積立期間は40年で計算、20歳の人が60歳まで、30歳の人が70歳まで積立をするイメージです。

もし、NHK受信料を払わずに、40年間、S&P500( シミュレーション リターン年率+8%)に積立投資した場合の最終積立金額は 7,784,947円にもなります。

個人的な感想

私は選挙には行きますが、政治に興味がありません。

私は、テレビを持っていないためNHKの受信料を払っていません。

私はAmazonプライムに加入していますし、主人が日経新聞電子版に登録していて、後はYahoo!ニュースやYouTubeなど見ていれば日常生活で困ることはありません。

なので「N国の立花さんって選挙活動が上手かったり、行動を見ていると面白いな。」と眺めています。

政治に興味がない私でも気になるくらいの存在力がある立花氏、勉強になるところもあります。

今後も思うことがあれば記事にしてみたいと思います。

【Amazonプライム30日間無料体験】