お役立ち情報

SBI証券の評判・メリット・デメリット・感想











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

私が投資を始めた時から愛用しているSBI証券について語ります。

ネット証券では口座数・売買金額とも圧倒的なNo1!

株式投資を始める方にはまず持ってほしい証券口座です。 ♪



SBI証券は人気ネット証券

モモ

SBI証券は日本を代表するネット証券です。

ネット証券といえばSBI証券といっても過言ではありません。

 口座数480万口座突破

投資をするということは大事なお金を証券会社に預けるということ、サービス面も大事ですが、 信用のある証券会社で口座開設することが非常に重要です。

信用を図る一つの基準として口座数市場シェアがあると思います。

SBI証券の口座数は480万口座を突破。

ネット証券業界では、NO2の楽天証券との差は100万口座以上あり、SBI証券は圧倒的な人気を誇っています。

 基本データ

運営会社 株式会社SBI証券
設立1999年7月8日
親会社 SBIホールディングス株式会社 (100%出資)
資本金 483億2,313万円 (2019/9/30現在)
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1

 SBI証券の評判は?

SBI証券は2020年オリコン顧客満足度NO1になりました。

はじめてでも使いやすいで顧客満足度が高く評判が良いことが分かります。

SBI証券のメリット

私が特に利用している日本株、米国株、投資信託のメリットについてです。

  • お得な手数料設定
  • IPO取り扱い数が充実
  • 住信SBIネット銀行との連携が便利
  • 米国株式・ETF定期買付サービス
  • Tポイントで投信の購入ができる!
  • 取引に応じてTポイントが貯まる!
  • 月100円から投信積立可能!

 お得な手数料設定

ネット証券の中でも比較的に低い水準の手数料設定となっています。

私は日本株、米国株、投資信託を利用していますが、どれも手数料の水準には満足しています。

 

国内株式で、2種類の手数料プランがあります。

1注文の約定代金に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」と、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」、 どちらも業界屈指の格安手数料です。

米国株の手数料も非常に安い。

最低手数料が0ドルなので、少額から米国株投資ができるのが魅了です。

 住信SBIネット銀行との連携が便利

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資して設立されたネット銀行です。

そのためSBI証券のサービスとも連携が取れています。

SBIハイブリッド預金というサービスでは、住信SBIネット銀行の預金をSBI証券での買付余力に当てることが可能となっています。

また、米国株を買う際に、住信SBIネット銀行で米ドルを買って、そのお金をSBI証券に無料で送金することもできます。

住信SBIネット銀行の米ドル/円の為替手数料は0.05円で非常に安く外貨両替することが可能です。

 米国株式・ETF定期買付サービス

米国株式を毎月好きな日に好きな銘柄を買うことができるサービスです。

計画的に資産形成することが出来ます。

 Tポイントで投信の購入ができる!

Tポイントで投信を100円(100ポイント)から購入することができます。

超少額から投資できるため、全くの未経験者でもお試し感覚で始めることが可能です。

ポイントはもとからないようなお金なのでレバレッジ投信で積極的に運用しています。

 取引に応じてポイントが貯まる

SBI証券でTポイントを貯めたい場合は、投資信託や国内株式、金・プラチナ・銀などの商品を取引することで、貯めることができます。

 月100円から投信積立可能!

SBI証券では投資信託の積立を100円から始めることが出来ます。

100円から積立できる金融機関は多くありませんので初心者の方や色々な投資信託に分散したい方は魅力的です。

 IPO取り扱い数が充実

2019年3月期のIPO取り扱い銘柄数がネット証券でNO1でした。

SBI証券のデメリット

モモ

使っていて不便さはありませんが強いてあげるならSBI証券のデメリットはこちらです。

  • 助言を受けることができない
  • 楽天経済圏の人は楽天証券の方がいいかも

 助言を受けることができない

店舗がなく専属の担当者から助言を受けることが出来ません。

しかし、近年はインターネットで投資情報を簡単に入手できるので、あまり問題ではないかもしれません。

SBI証券はコールセンター、メールでの問い合わせなども充実しています。

 楽天経済圏の人は楽天証券の方がいいかも

楽天のサービスを多く利用している人は、楽天ポイントが貯まるので楽天ポイントの方がいいかもしれません。

私は、SBI証券と楽天証券の両方を利用していますが、SBI証券はメイン口座として利用していて、楽天証券はポイントで投信を買う口座として使い分けています。

SBI証券を使った感想

いくつかの証券会社を利用しましたが、SBI証券がもっとも使いやすい証券会社です。

取引画面が分かりやすく過去の売買の履歴も非常に見やすいのが特徴です。

私は、米国株に投資することが多いので、為替手数料が安い住信SBIネット証券との連携がスムーズな点も気に入っています。

SBI証券





SBI証券口座開設の流れ

モモ

SBI証券は、顧客の利便性を考えた証券会社になっているので、口座開設も分かりやすい♪

去年、息子の証券口座を作りましたが手続きはとても簡単でした。

本人確認書類等の提示方法は、WEBアップロード、Eメール、郵送の3種類から選べます。

モモ

私が、もっと好きな証券会社なので色々書きましたが

米国株投資家は為替手数料を抑えた運用、日本株投資家は豊富なIPO銘柄が魅了です。

SBI証券の口座開設はこちら

SBI証券