個別銘柄

VISA(V)を15万円購入 キャッシュレス化する未来

取扱金額とカード発行枚数で世界最大の規模を誇る、電子決済ネットワーク会社VISA(V)の株式を1株169.18米ドルで8株購入しました。

今回の購入でVISAへの投資割合は14%で、ポートフォリオに占める割合としては2番目に大きくなりました。

売上高営業利益率62.85% 驚異的な利益率

2018年9月期決算をもとに算出した売上高営業利益率は62.85%!

モモがこの銘柄を選定する理由としては驚異的な利益率にあります。

200 以上の国や地域 で、迅速で安全性の高い「ビザネット」と呼ばれる電子決済ネットワークを提供しており、取扱金額とカード発行枚数で世界最大のシェアを誇っています。

世界のカード決済の半分以上はVISAで決済されています。

これだけ儲かる仕組みなので今後、Amazonや中国企業など参入してくる可能性はあるかもしれませんが、先行者メリットを十分築いており簡単にシェアを奪われることはないでしょう。

参入障壁は非常に高い(*^▽^*)

安定したフリーキャッシュフロー

右肩上がりの理想のキャッシュフローです。

利益率が高いビジネスでありながら設備投資もかからないため多くのキャッシュを作ることができます。

これだけ安定したキャッシュフローであれば事業計画、株主還元策も立てやすく超優良銘柄といっても過言ではないと思います。

まとめ

世界人口が増え、新興国が豊かになる中、クレジットカードを使う人はどんどん増えてくるでしょう。

10年後、人々は紙幣や硬貨を今より使わなくなっているでしょう。

キャッシュレス化する未来においてVISAは重要なインフラ企業となります。

このような状況を考えるとVISAの売上や利益が今後も大きく伸びていくのは約束された未来ではないでしょうか?

モモはVISAへの投資をどんどん増やしていくつもりです。