個別銘柄

【V】VISAを20万円購入 キャッシュレス化する未来

取扱金額とカード発行枚数で世界最大の規模を誇る、電子決済ネットワーク会社VISA(V)の株式を先週に引き続き1株173.80米ドルで11株購入しました。

FAANGにも負けないMVP

フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、アルファベットから成るFAANGが、マスターカード、VISA、ペイパル・ホールディングスから成るMVPを打倒するのは不可能と考えます。

MVPの3社については既に、加盟店・金融機関・消費者をつなぐ大きなネットワークを構築しておりセキュリティ面での信頼が厚いためです。

FAANGは多額の設備投資をして煩雑な決済事業に参入するのではなくMVPのプラットフォームの中で事業を展開しています。

アップルは先日、Apple Cardを発表しクレジット業界に参入することを発表しましたが、これはマスターカードとの提携の元に提供されるサービスです。

フェイスブックは仮想通貨リブラを発表しましたがVISAやマスターカード、ペイパルが参画することが決まっています。

まとめ

MVPはキャッシュレス市場で十分な先行者メリットを受けておりFAANGでも対抗することが出来ない現状です。

キャッシュレス化する未来で、今後もMVPは輝き続けるでしょう(*´▽`*)