個別銘柄

【ビットコイン】アーク・インベストメンツのキャシーウッドCEOが予想する未来!




モモ(@momoblog0214 )です♪

いつもブログを読んでいただいて

ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/

わたしは、ビットコインに投資しています。以前、ビットコインに投資したことを記事にしました。

モモちゃんが1年半前に書いた記事がこちら。

この時、10万円で買ったビットコインは、現在60万円ほどになりました。この後もビットコインを買い続け、今では300万円ほどビットコインを保有しています。

お金も増えたし、ブログも上手くなったね!

文章書くのが下手過ぎて過去の記事は恥ずかしい。ビットコインは、もっと買っておけば良かったと後悔しています。

わたしは、今後もビットコインに投資し続けようと思っているので、自分の考えをブログ記事にして整理していきたいと思っています。

投資する理由をまとめておくのは大事!

今回は、わたしの大好きなキャシーウッドさんがビットコインについてポジティブなコメントをされていたので記事にしました。

キャシーウッドさんは、世界的に有名な運用会社Ark Invest’sのCEOです。

今回の記事では、キャシーがビットコインについて、どう考えているのか?その背景についても解説しましす。

それでは、見ていきましょー!

コインチェック

アーク・インベストメンツのキャシーウッドCEOが予想する未来!

それでは、動画を要約していきます♪

キャシー

米国企業のすべての現金のうち10%がビットコインになるでしょう。

これは、すぐに起きるわけではありません。しかし、9,000億ドルのお金がビットコイン市場に流れこむことが予想されます。

ビットコインの時価総額と同じくらい大きなお金が、これから流入するということです。ビットコインの時価総額は、アップルやアマゾンの半分しかありません。このお金の移動は、ビットコインの価格を200,000ドル押し上げる効果があります。

(現在のビットコインの価格は約55,000ドル。)

実際に、スクエアやテスラなどの会社は、ビットコインを保有しています。

このように強気のコメントをされていました。

今からでもビットコインは5倍くらいになりそう。

ビットコインはアメリカ企業のバランスシートに組み込まれる!今後も価値が高まることが予想される!

短い動画だったので、いつもキャシーさんの話を聞いている私が解説します。

ビットコインを大量に買い込む米国企業

今年に入ってからアメリカの大手企業がビットコインを購入しています。

ビットコインを購入した企業の一覧がこちら

  • ペイパル
  • スクエア
  • テスラ
  • バンク・オブ・ニューヨーク・メロン
  • ライオット・ブロックチェーン
  • マラソン・パテント
  • モトリーフール
  • マイクロ・ストラテジー

世界的に有名な企業が、次々とビットコインの購入している。

日本企業は、まだビットコイン買ったみたいなニュースがないけど大丈夫かな。乗り遅れてる感がある。

テスラやペイパルは、日本で最も時価総額が大きいトヨタよりも大きい会社です。

そのような会社がビットコインを買うことによりビットコインに対する信頼性が増しているのです。

現在、世界中の会社の財務部長は、

財務部長

当社の現金もビットコインにした方が良いのかな。

と悩んでいます。

企業がビットコインを買い込む理由

では、なぜ大手企業がビットコインを買うのか?

それは、現金の価値が目減りしているからです!

世界では新型コロナにより経済が減速しています。

そのため各国中央銀行は、市場にお金をスゴイ勢いで供給しています。

FRB、ECB、日銀のバランスシートは、リーマンショックがあった2008年から約7倍に膨らみました。

世の中に出回っているお金の量をあらわすマネーサプライM2がこちら。

これだけ世の中にお金が出回れば、たくさんあるものは価値が低くなるので、現金の価値がなくなっていくのは当たり前。

ドル・ユーロ・円などの貨幣は、国に対する信頼がある限り、発行することができます。

FRBは2023年まで金融緩和を続けるとを宣言しています。

そのため、この流れはしばらく継続するでしょう。

それに対して、ビットコインの発行枚数は上限21,000,000枚と決まっています。

現代においてビットコインは、金と同じく価値を保存する手段となったのです。

ペイパルやテスラが、ビットコインを買ったことにより、ビットコインへの信頼が高まっている。

ビットコインの時価総額は小さく、大きな値上がりが期待できる!

こちらは、わたしが参考にしている日経新聞の後藤さんのツイート。

ビットコインの時価総額を株や金などと比較した表です。

ビットコインの時価総額は、金の時価総額の10分の1しかありません。

時価総額が小さいため、金とビットコインに同じお金が入ってきた場合、ビットコインの方が大きく上昇します。

小さなコップと大きなバケツをイメージしてください。

小さなコップがビットコイン、大きなバケツがアメリカ企業の現金です。

今後、小さなコップには、どんどん大きなバケツの水が注ぎ込まれるでしょう。

企業がビットコインを買えば買うほど、ビットコインへの信頼は高まり、ビットコインの価値が上がる!

ビットコインに投資する方法

わたしは、コインチェック でビットコインに投資をしています。

コインチェックを使ってみたメリットがこちら。

  • ネット証券大手のマネックスグループが運営していて信頼できる
  • 取引所手数料が無料
  • 毎日300円から積立することができるため気軽にビットコインに投資できる

デザインも好きで操作もしやい♪

口座開設が殺到するほど人気です。

口座開設はカンタンで、最短5分で手続きできます。

口座開設に準備するもの。

準備するもの
  • 免許証
  • マイナンバー通知カード
  • メールアドレス

こちらは、わたしが口座開設した時に使ったものです。詳しくは、コインチェック公式サイトで確認してください。

コインチェック公式サイト

コインチェック



オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。