お役立ち情報

サクソバンク証券はおすすめ?評判・口コミ・メリット・デメリットを解説






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、わたしが使っているサクソバンク証券についてです♪

モエ

SBI証券や楽天証券だけじゃダメなの?サクソバンク証券って良いの?

モモ

わたしは、SBI証券・楽天証券で株式投資しています。しかし、わたしの投資したい銘柄が、取り扱っていないことも。

モモ

そんな中、サクソバンク証券は取り扱い銘柄が多く、サクソバンク証券でしか買えない銘柄もあります。

モエ

投資の幅を広げることは大事!良い投資先を見つけても投資できなければ意味なし!

モモ

今後は、サクソバンク証券でしか取り扱いしていない銘柄の記事も書く予定です♪

モモ

今回の記事では、サクソバンク証券がどんな会社か?メリットやデメリット、評判について書きました。

モモ

それでは、見ていきましょー♪








サクソバンク証券って、どんな会社?

サクソバンクグループは、世界的な金融グループ!

サクソバンク証券の親会社は、1992年に創業したサクソバンクA/Sというデンマークの銀行です。

サクソバンクグループは、世界170ヵ国80万人に金融サービスを提供しています。

商品や取扱銘柄が豊富で、ユニークなサービスを提供しているのが特徴です。

サクソバンク証券のメリット

サクソバンク証券のサービスは素晴らしく、多くの賞を受賞しています。

取扱銘柄数が多い

サクソバンク証券では、なんと20,000以上の銘柄を取り扱いしています!

当然、SBI証券や楽天証券では買えない銘柄も多数あります。

例えば、LVMHに投資することも可能です♪

LVMHモエ・ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH)は、ルイ・ヴィトン、モエ・エ・シャンドン、フェンディなどの高級ブランドを所有するコングロマリット。

直近5年で株価は、約3.8倍になっています。

ラグジュアリー・ブランドの需要は、長期的に増加しています。新興国の所得水準の上昇や、世界的な株高により富裕層が増加しているためです。

そんな中、LVMHのようなプレミアム・ブランド企業は、強力な価格決定力を持ち、利益率も上昇しています。

去年、創業者でCEOのベルナール・アルノーが、世界で3番目のお金もちになりました。

優秀な経営者と世界トップクラスのブランドを保有するLVMHは、とても魅力的な投資対象です♪

LVMHは、パリ証券取引所に上場しているため、SBI証券や楽天証券では買えませんが、サクソバンク証券では買うことができます。

また、取引方法も主要ネット証券と比べて、多いのが特徴です。

私も、株価指数先物や外国株式オプションを活用して投資をしています。

米国株の取引手数料が低い

サクソバンク証券の取引手数料率は、SBI証券や楽天証券と比べて低い♪

こちらが主要ネット証券とサクソバンク証券の米国株取引手数料率の比較。

証券会社取引手数料
SBI証券0.495%
楽天証券0.495%
マネックス証券0.495%
サクソバンク証券0.2%

サクソバンク証券 公式サイト

サクソバンク証券(IPO)

サクソバンク証券のデメリット・評判・口コミ

素晴らしいサービスを提供してくれているサクソバンクのデメリットです。

商品数が多く中級者から上級者向き

先物やオプション、CFDは、初心者のうちは使うことがないと思います。

初心者にとって、サクソバンク証券は商品数が多すぎると感じるかもしれません。

しかし、オプションやCFDは、コロナショックのような下落局面でも利益を得ることができます。

明らかな下落局面で指を加えて見ているのは嫌なものです。下落局面でも利益を取れる選択肢を用意しておくことは重要だと考えます。

現物株の取引しかしない方でも、銘柄数や手数料メリットがあるため、試しに口座開設をした方が良いと思います。

サクソバンクの口座開設は、無料でできます。試しに口座開設をしても手数料が発生することはありません。

Twitterでの評判や口コミ

Twitterで、評判や口コミを確認。特に悪い口コミがないか探しました。

1つ目の悪い口コミ。

サクソバンク証券は、家計簿アプリと連携していないようです。

わたしは、家計簿アプリを使わないので分かりませんが、

家計簿アプリを使う方からすると、不満なのかもしれません。

2つ目の悪い口コミ。

TQQQは、NASDAQ100指数の3倍の動きを目指すETFです。

2021年10月から、サクソバンク証券で特定口座の取り扱いが開始した影響で、TQQQなど一部銘柄が買えなくなりました。

TQQQが、サクソバンクで買えなくなったのは残念ですが、

SBIや楽天証券などの主要証券では元々、買えない商品でした。

一部、買えなくなった銘柄はあるものの、主要ネット証券と比べ、取扱銘柄数が段違いに多いサクソバンク証券は引き続き魅力です。

3つ目は良い口コミ。

わたしもオプション取引をするためにサクソバンク証券で口座開設しました。

インタラティブ・ブローカーズ証券と比べ、サクソバンクは日本語対応されているため、使いづらいと感じたことは、ありません。

悪い評判を探しましたが、ほとんどありませんでした。

やはり、銘柄数や取引方法、手数料で魅力的なネット証券だと感じています。

サクソバンク証券で取引を始める方法

サクソバンク証券の口座開設は5分で申込が完了します。手続きはカンタンでした♪

準備するものがこちら。

準備するもの
  • マイナンバーカードの場合(1点だけでOK)
  • マイナンバーを確認できる書類(通知カード・住民票)の場合、顔写真付きの本人確認書類(免許証など)

詳しくは、サクソバンク証券の公式サイトで確認してみて下さい。

公式サイトの「口座開設ボタン」を押して、情報を登録していきます。

その後、本人確認書類をアップロード。

後日、口座開設完了のハガキが届くので、「初回ログイン」と取引有効化をして完了です。

これで20,000以上の銘柄を、低い手数料で投資対象とすることが可能となります。

サクソバンク証券 公式サイト

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。