米国株

【米国株 銘柄分析】ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)への投資 | 業績 | 配当 | 自社株買い | 決算データまとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

今回は、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の銘柄分析です

モエ

データソースは、こちらです。

モモ

金融機関で働いていた私が投資判断をする際にチェックするポイントを中心にまとめています。

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 基本データ

基本情報

会社名Verizon Communications Inc.
ティッカーVZ
本社ニューヨーク州
セクター通信サービス
決算12月
設立1983年
上場1983年

事業内容

アメリカで最大の携帯電話事業者。

収益全体の7割を占めるワイヤレス事業は、携帯キャリア米最大手のベライゾン・ワイヤレスを通じて展開。

リテール契約件数は、約1億1800万件にもなります。

固定回線事業では、AT&Tに次ぐ2位の位置にいます。

5G、デジタル広告、遠隔監視サービスなどの分野に事業を展開しています。

株価チャート

株価は、市場平均をアンダーパフォームしています。

しかし、配当利回り4%を超える高配当銘柄であるため、配当の受け取りまで考慮すると、市場平均との差は少なくなります。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 業績

売上高・営業利益

2015年にAOL、2017年に米ヤフーのネット事業を買収しており、M&Aにより事業を拡大しています。

営業利益率

近年の営業利益率は、 20%台を維持しており利益率の高い事業をしています。

通信事業は、参入障壁が非常に高く、生活には必ず必要であるため、今後も高い利益率を維持することが予想されます。

EPS(1株当たり利益)

BPS(1株当たり純資産)

キャッシュフロー

フリーキャッシュフローは、長期でプラスを維持しています。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 株主還元

1株あたり配当

配当は15年間、連続で増配しています。

2020年7月12日時点の予想配当利回りは4.56%。

配当性向

近年は、利益の範囲で配当の支払いをしています。

配当性向は高すぎず、通信事業は安定感があるため今後も増配が期待されます。

自社株買い

自社株買いについては、積極的ではありません。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) バリュエーション

PER(株価収益率)

過去5年間の平均PERは13.04倍

2020年7月12日時点のPERは12.18倍

PBR(株価純資産倍率)

過去5年間の平均PBRは7.20倍

2020年7月12日時点のPBRは5.96倍

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

過去5年間の平均PCFRは7.53倍

2020年7月12日時点のPCFRは3.71倍

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 四半期決算

EPSの市場予想と結果

過去8回の決算のうち、市場予想を上回ったのが7回、下回ったのが1回。

売上高の市場予想と結果

過去8回の決算のうち、市場予想を上回ったのが4回、下回ったのが4回。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

銘柄分析 コメント

ベライゾンは、第1四半期決算の際に、通期見通しを撤回しました。

新型コロナウイルスの影響により、店舗の大部分が閉鎖し、携帯端末の買い替えが進んでいないことが主な要因です。

年初来のパフォーマンスについても市場平均を下回っています。

しかし、ベライゾンへの投資については、いくつかの魅力を感じています。

まず、スプリントとT-Mobileが合併し、競業が少なくなったことです。

アメリカの通信市場は巨大ですが、その市場をわずか3社で分け合う形になります。

競合が少なくなれば競争が起きにくく、ベライゾンは高い利益率を今後も維持することが可能となります。

また、スマホが私たちの生活に欠かせないものであり、5Gにより今まで以上に生活に密着したものとなるからです。

こちらは、ベライゾンとS&P500の年初からのパフォーマンスです。

コロナショック時の下落幅が、市場平均と比べて小さいことがわかります。

通信事業は、安定しておりディフェンシブな銘柄です。

ポートフォリオ全体の値動きを少なくし、インカムを増やすには、ベライゾンは良い選択肢になるのではないかと思います。

モモ

ディフェンシブ銘柄でも株価は、10年で2倍近く上昇していて、配当利回り4%台は魅了♪

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。