投資知識

【話題】Dan Niles氏が注目する2024年トップテクノロジー株5銘柄!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやTwitterで発信しています♪

モモ

今回は、ダン・ナイルズ氏の2024年投資戦略と注目銘柄をご紹介します。

モエ

ダン・ナイルズ氏は、2004年にヘッジファンドSatori Fundを立ち上げた創設者兼ポートフォリオ・マネージャーです。

モモ

彼がCNBCで語った内容が注目を集めています。

モモ

ダン・ナイルズ氏が、どのような視点で今年の相場や企業を見ているか参考にしましょー!

モエ

この記事を書くために参考にしたサイトがこちら。

YouTube CNBC Television

Finbox:財務データ・バリュエーション

モエ

それでは、見ていきましょー!

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

ブログ記事:【特別レポート】永久に持っておきたい高配当米国株6銘柄!Oxfordインカム・レターが無料公開!

Dan Niles氏2024年の投資戦略

ダン・ナイルズ氏によると、攻めと守りのバランスが重要とのこと。

昨年、テクノロジー株は大きく上昇し、他のセクターを上回るパフォーマンスを上げました。

モエ

2023年セクターごとのパフォーマンスがこちら。

セクター騰落率
情報技術+51.5%
通信+43.1%
一般消費財+39.1%
資本財+20.7%
素材+11.6%
金融+11.5%
不動産+7.1%
ヘルスケア+1.1%
生活必需品-0.3%
エネルギー-3.3%
公益-10.6%

特に、マグニフィセント・セブンと呼ばれる主要な企業群のパフォーマンスが目覚ましく、それが株価上昇の大きな要因となりました。

モエ

2023年マグニフィセント・セブンのパフォーマンスがこちら。

会社名騰落率
エヌビディア(NVDA)+238.9%
メタ(META)+194.1%
テスラ(TSLA)+101.7%
アマゾン(AMZN)+80.9%
アルファベット(GOOGL)+58.329%
マイクロソフト(MSFT)+56.809%
アップル(AAPL)+48.2%

しかし、2024年の始まりには、大手テック株で利益確定の動きが見られました。

ハイテク株は、大幅な上昇の後であるため、今年については攻めだけでなく、守りの戦略も重要です。

ダン・ナイルズ氏は、市場が注目していないセクターや低迷しているセクター、割安な銘柄に注目しています。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

Dan Niles氏2024年のトップテクノロジー株5銘柄

ダン・ナイルズ氏が2024年に注目しているトップテクノロジー株は以下の通りです。

  • アマゾン・ドット・コム(AMZN)
  • メタ・プラットフォームズ(META)
  • テキサス・インスツルメンツ(TXN)
  • S&P バイオテック ETF (XBI)
  • クレーンシェアーズ CSI チャイナ インターネット ETF (KWEB)

注目している理由は、以下の通りです。

アマゾン・ドット・コム(AMZN)

Amazonは、不況下でシェアを拡大する傾向がある。

コロナ禍における巨額投資により、2024年の利益率改善が期待される。

メタ・プラットフォームズ(META)

2023年にトップ株としてあげており、S&P500指数で2番目に良いパフォーマンスを達成しました。

同社の利益成長は+15%でPER25倍であるため、Appleの-1%成長でPER30倍と比べて割安感がある。

広告の収益性を高めるため、AIを非常にうまく活用している。

大統領選挙では、多くの資金がオンライン広告市場に流入し、その恩恵を受ける。

テキサス・インスツルメンツ(TXN)

昨年、半導体指数が65%上昇する中、同社の株価は3%しか上昇しなかった。

同社は、他の半導体企業よりも早く下降局面に入った。そのため、回復局面においても先行する可能性がある。

S&P バイオテック ETF (XBI)

過去3年間のパフォーマンスが低迷している。

現在のバリュエーションは、その潜在的な成長と比較して魅力的である。

クレーンシェアーズ CSI チャイナ インターネット ETF (KWEB)

現在の株価は、コロナショック時の底値より低い価格で取引されている。

中国政府系ファンドが中国関連ETFの買い入れを始めた。それは8月に始まり、12月には本格的に勢いを増しました。

上位組み入れ銘柄であるアリババ、テンセント、バイドゥの平均PERは13倍で割安

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

まとめ

今回は、実績のあるヘッジファンド・マネージャーが提案する投資戦略と、注目すべき銘柄についてお話ししました。

昨年、ハイテク株の大幅な上昇が見られましたが、それに安心してはいけません。

今年については、守りも意識した保守的な運用を心がけた方が賢明でしょう。

具体的な方法としては、下落リスクが少ない不人気セクターに目を向け潜在的な成長性が高い銘柄を選ぶことが重要です。

また、他社と比較してバリュエーションが低く評価されている企業に投資することも一つの戦略です。

今回は特に5つの銘柄を取り上げましたが、自身の分析に基づいて投資することが必要不可欠です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

わたしもおすすめの米国株を30銘柄、紹介しています。

多くの銘柄を紹介しているため、筆者のポジションを公開しています。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

高配当株が好きな投資家向け。レポートには、わたしの知らない会社も含まれていて、とても参考になりました。

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」では、小型グロース株投資での大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。