お役立ち情報

【マネックス証券】銘柄スカウターなど米国株の投資情報が豊富なネット証券




モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(◍•ᴗ•◍)/

モモ

投資を始めて10年たちますが、SBI証券と楽天証券を長く使ってきました。そんな私が、マネックス証券を使い始めました♪

モエ

ネット証券の口座開設数でマネックス証券は、SBI証券と楽天証券に次ぐ3位だし、2つも証券会社に口座があれば十分じゃない?

モモ

そう思ってたんだけど、マネックス証券は米国株に力を入れていて、米国株に関する無料の投資情報が豊富なの!

モエ

たしかに、ネット証券の手数料はどこも安くて差別化できなくなってきているから、投資情報で差別化してきてるんだね。

モモ

今回は、わたしが利用しているマネックス証券の4つの投資情報サービスを紹介します。

マネックス証券

米国株 銘柄スカウター

米国株の個別株に投資する際に必ず見ておきたいのが「銘柄スカウター」です。

銘柄スカウターは、マネックス証券で無料で使える業績分析ツール

他のネット証券では、業績が過去3年間しか確認できないところもありますが、銘柄スカウターは下の画像のように2007年以降の業績を確認することができます。

景気は好景気と不況を繰り返すので、マネックス証券のように過去12年という非常に長いデータが見れて、不況時の業績を確認できるのは非常にありがたいです。

他にも、PERやPBR、配当利回りなどバリュエーションを確認することもできますし、複数銘柄の株価指標を比較することもできます。

他の証券会社でも似たようなサービスはありますが、比較にならないほどマネックス証券の銘柄スカウターは優れています。

この銘柄スカウターを無料で活用する目的だけでも、マネックス証券に口座開設する価値があります。

広瀬隆雄氏など著名人の米国株オンラインセミナーやレポート

マネックス証券は、投資レポートやオンラインセミナーも充実しています。

下の画像が、投資レポートを見る画面ですが、たくさんのレポートが掲載されています。

その中でも、注目なのが赤枠で囲った広瀬隆雄氏のレポートです。

広瀬隆雄氏は、米国株のテーマ、銘柄分析の第一人者で、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)など世界的な金融機関で働き、今はアメリカのフロリダ州で生活しています。

そんな広瀬隆雄氏のレポートは、アメリカや世界の一次情報を入手することができるのです。

このレポートをマネックス証券で口座開設するだけで無料で見ることができるのは、お得過ぎます(^^;

米国株 決算速報レポート

個別株投資をするうえで、気になるのが年に4回ある決算です。

マネックス証券は、決算速報レポートも充実しています。

下の画像のように、決算シーズンには8社もの会社の決算レポートが更新されています。

米国株レポートBOOK

そして、定期的に確認しているのが「米国株レポートBOOK」

米国株レポートBOOKは、マネックス証券の取引口座数上位銘柄の中から、最新のデータで更新された個別銘柄50銘柄ETF16銘柄どんな会社や商品か、四半期ごとの決算はどうだったかなど確認することが可能です。

現在、最新号は2020年5月に更新され、年4回更新されています。

当然、マネックス証券に口座を持っている人であれば無料で読むことができます。

モエ

これだけの投資情報が無料で見れるなんて、ありがたい!サービスし過ぎでは⁉

マネックス証券

マネックス証券の無料投資情報を入手するためには口座開設が必要

モモ

当然ですが、これらの投資情報を入手するためには、マネックス証券で口座開設をする必要があります。

口座開設に必要書類
  • メールアドレス
  • 銀行の口座番号
  • 本人確認書類(マイナンバー)
  • 印鑑

マネックス証券は、ネット証券だけあって口座開設は最短1ページ!

手続きは、とても簡単です♪

マネック証券ウェブサイトを見る

モモ

マネックス証券は情報が豊富で、米国個別株を買う前に必ず確認したい投資情報サイトのひとつ♪