米国株

コストコ・ホールセール(COST)株価上昇をもたらした事業内容!今後の将来性について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやTwitterで発信しています♪

モモ

今回は、コストコ・ホールセール(COST)の分析記事です。

にゃんこロボ

この記事は、ネコ型ロボットのわたしが書きました。

モモ

にゃんこロボは、わたしが生み出したブログ記事生成AIです。

にゃんこロボ

参考にしたサイトがこちら。

ホームページ:事業内容、将来性
10K,10Q:事業内容
Finbox:財務データ・バリュエーション

にゃんこロボ

それでは見ていきましょー。

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

コストコ・ホールセール(COST)事業内容

にゃんこロボ

コストコの事業内容は、会員制倉庫型小売業という独特のビジネスモデルに基づいています。

この仕組みは、一般的なスーパーマーケットやデパートとは大きく異なり、独自の魅力を持っています。

にゃんこロボ

まず、会員制という特徴が挙げられます。

顧客は年会費を支払うことで、コストコでの買い物が可能になります。

この会費収入が、同社の安定した収益源となっているのです。

年会費は基本会員で60ドルエグゼクティブ会員で120ドルとなっています。

にゃんこロボ

次に、コストコの商品構成と価格設定は非常に特徴的です。

一般的な小売店と比べると、取り扱う商品の種類(SKU)は意図的に限定されていますが、

その中で食品、家電製品、衣料品、ガソリンなど、生活に必要な幅広いカテゴリーをカバーしています。

各カテゴリーでは厳選された商品のみを取り扱い大量仕入れによって低価格で提供しています。

また、多くの商品が大容量パックで販売されるのも特徴的です。

この戦略により、在庫管理の効率化や仕入れコストの削減を実現し、顧客に対してより良い価値を提供することができています。

限られた品揃えの中で、高品質かつ低価格の商品を提供することが、コストコのビジネスモデルの核心と言えるでしょう。

にゃんこロボ

さらに、プライベートブランド「カークランドシグネチャー」の展開も重要な事業戦略となっています。

これらの商品は高品質かつ低価格で、顧客から高い支持を得ています。

にゃんこロボ

店舗設計も独特です。

倉庫のような広々とした店内に商品が山積みされ、顧客自身が商品を選び、運ぶスタイルを取っています。

これにより、人件費を抑え、さらなる低価格を実現しているのです。

にゃんこロボ

また、コストコは「トレジャーハント」と呼ばれる商品戦略も採用しています。

これは、期間限定や数量限定の商品を突然店頭に並べるもので、顧客に「お宝探し」のような楽しみを提供しています。

にゃんこロボ

これらの要素が組み合わさり、他社にはない独自のビジネスモデルを形成しているのです。

コストコ・ホールセール(COST)将来性

にゃんこロボ

以下の3つの理由により、今後も成長が期待されます。

  • 海外市場での店舗拡大
  • 会員費の値上げ
  • eコマース事業の成長

海外市場での店舗拡大

にゃんこロボ

海外市場での店舗拡大に大きな期待が寄せられています。

現在、コストコは世界で878の倉庫を展開していますが、その多くはアメリカ(605倉庫)とカナダ(108倉庫)に集中しています。

しかし、海外市場には今後さらなる成長の余地があると考えられているのです。

にゃんこロボ

特に注目されているのが、アジア市場です。

中国では2019年に初の店舗をオープンし、大きな話題を呼びました。

開店初日には約20万人もの来店客が殺到し、その人気ぶりが伺えます。

今後、中国での店舗数を増やすことで、巨大な消費市場に食い込む可能性が高いでしょう。

にゃんこロボ

日本でも、コストコの人気は年々高まっています。

現在、全国に33店舗を展開していますが、さらなる出店余地があると見られています。

日本の消費者の間で、「コストコ」という言葉が「お得な買い物」の代名詞になりつつあるほどです。

にゃんこロボ

ヨーロッパ市場も見逃せません。

イギリスやスペインなどで既に店舗を展開していますが、他の国々への進出も検討されています。

このような海外展開は、コストコの売上高を大きく押し上げる可能性があります。

新たな市場に進出することで、会員数の増加も期待できるでしょう。

にゃんこロボ

また、海外展開によって、商品調達の幅も広がります。

各国の特産品や人気商品を仕入れることで、商品ラインナップがさらに充実する可能性もあるのです。

さらに、グローバル展開によってブランド力も向上します。

にゃんこロボ

このように、海外市場での店舗拡大は、コストコの将来性を大きく高める要因となっています。長期的な視点で見れば、この戦略が同社の成長を強力に後押しすると考えられるのです。

会員費の値上げ

にゃんこロボ

コストコホールセールの将来性を考える上で、会員費の値上げは重要な要素となっています。

コストコは通常、数年に一度会員費を引き上げる傾向があります。

前回の値上げは2017年6月で、その前は2011年11月でした。

にゃんこロボ

この間隔を考えると、次の値上げが近づいていると言えるでしょう。

会員費の値上げは、コストコの収益に直接的な影響を与えます。

2024年度第3四半期の会員費収入は11億ドルで、これは同社の営業利益の大部分を占めているのです。

仮に年会費を5ドルか10ドル引き上げると、収益が大幅に増加する可能性があります。

もちろん、値上げによって一部の会員が退会するリスクはありますが、
コストコの世界的な会員更新率は90.5%と非常に高いため、その影響は限定的だと予想されます。

同社のCFOは、値上げの時期について「いつかは必ず行うが、具体的な時期は感覚的に判断する」と述べています。

にゃんこロボ

値上げによって得られた収益は、商品の値下げや新サービスの開発など、会員へのさらなる価値提供に使われるでしょう。

eコマース事業の成長

にゃんこロボ

コストコの将来性として、eコマース事業の成長が挙げられます。

近年、オンラインショッピングの需要が急増しており、コストコもこの流れに乗り遅れることなく、積極的に取り組んでいます。

同社のeコマース売上高は、2024年度第3四半期に前年同期比20.7%増と大幅に成長しました。

特筆すべきは、「Costco Logistics」という自社配送サービスの存在です。

このサービスを通じた配送件数は、前年同期比で28%も増加しています。

大型家電や家具など、従来は店舗での購入が主流だった商品も、このサービスにより手軽にオンラインで注文できるようになりました。

また、「Costco NEXT」というオンラインマーケットプレイスも注目されています。

ここでは、コストコが厳選した商品を提供する企業75社が出品しており、会員はより幅広い商品を購入できます。

この取り組みにより、実店舗では扱いきれない商品ラインナップの拡充が可能となっているのです。

にゃんこロボ

さらに、モバイルアプリの利用者数も急増しています。

2024年度第3四半期のアプリダウンロード数は前年同期比32%増加し、総ダウンロード数は3,500万を突破しました。

アプリを通じて、会員は簡単に商品を注文したり、クーポンを利用したりすることができます。

にゃんこロボ

このようなeコマース事業の強化は、コストコの将来性を大きく高めています。実店舗とオンラインの相乗効果により、顧客満足度の向上と売上増加が見込まれるでしょう。

コストコ・ホールセール(COST)株価推移

にゃんこロボ

常に最新のチャートが表示されます。

株価チャート(月足)

にゃんこロボ

過去10年間の株価チャート

finviz dynamic chart for COST

株価チャート(週足)

にゃんこロボ

過去2年6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for COST

株価チャート(日足)

にゃんこロボ

過去6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for COST

コストコ・ホールセール(COST)業績(売上高・利益・キャッシュフロー)推移

にゃんこロボ

過去10年間の業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

売上高成長率(アナリスト予想)

会計年度売上高成長率(YoY)
2024年度+5.2%
2025年度+7.1%
2026年度+6.4%

営業利益(GAAP)

営業利益率(GAAP)

EPS(GAAP)

EPS(GAAP)成長率

EPS(Non GAAP)成長率(アナリスト予想)

会計年度成長率(YoY)予想PER
2024年度+13.7%52.6倍
2025年度+9.8%47.9倍
2026年度+7.3%44.6倍

営業キャッシュフロー

投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフローマージン

フリーキャッシュフローマージン

コストコ・ホールセール(COST)株主還元(配当・自株買い)推移

1株あたり配当

配当利回り0.55%
配当成長(5年)12.33%
配当性向32.4%
増配年数19年

自社株買い

自社株買い利回り0.3%

コストコ・ホールセール(COST)資本効率(ROIC・ROE)推移

ROIC

ROE

コストコ・ホールセール(COST)決算

EPS・売上高の予想と結果

にゃんこロボ

過去8回の決算で、EPSが予想を上回ったのは6回、売上高が予想を上回ったのは5回です。

売上高

売上高成長率(前年比)

EPS

EPS成長率(前年比)

2024年度第3四半期決算は、市場予想を上回る好調な結果となりました。

純利益は16億8,000万ドル(1株当たり3.78ドル)で、前年同期の13億ドル(1株当たり2.93ドル)から大幅に増加しています。

この成長は、売上高の拡大と効率的な経営が寄与しているのです。

売上高は573億9000万ドルで、前年同期比9.1%増となりました。

特に注目すべきは既存店売上高の伸びで、全体で6.6%増加しています。

これは、顧客の来店頻度が増えたことが大きな要因となっています。

地域別に見ると、米国の既存店売上高は6.2%増、カナダは7.7%増、その他の国際市場も7.7%増と、全ての地域で堅調な成長を示しています。

eコマース事業の成長も目覚ましく、既存店ベースで20.7%増加しました。

会員収入も順調に増加し、11億2300万ドルで前年同期比7.6%増となりました。

会員数は7450万人で、前年同期比7.8%増加しています。

特に高額会員であるエグゼクティブ会員の増加が顕著で、全会員の46%を占めるまでになりました。

粗利益率は10.8%で、前年同期の10.3%から改善しています。

販売費及び一般管理費(SG&A)比率は9.0%で、前年同期の9.1%から改善しました。

これは、労働生産性の向上と厳格なコスト管理の結果です。

このように、コストコの最新四半期決算は、売上高の成長、利益率の改善、会員数の増加など、様々な面で好調な結果を示しています。

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

コストコ・ホールセール(COST)バリュエーション(PSR・PER)推移

実績PSR

過去10年平均0.8倍
過去5年平均1.0倍
PSR(LTM)1.5倍
PSR(NTM)1.5倍

実績PER

過去10年平均35.2倍
過去5年平均40.6倍
PER(LTM)52.4倍
PER(NTM)49.5倍

バリュエーションは、現在、高い水準にあります。

これは同社の堅調な業績と将来性への期待を反映していますが、同時に投資リスクも示唆しています。

コストコの現在のPERは49.5倍となっています。

これは、S&P500指数の平均PERである約20倍と比べて、かなり高い水準です。

つまり、投資家はコストコの将来の成長に大きな期待を寄せているということになります。

次に、株価売上高倍率(PSR)を見ると、約1.5倍となっています。

これは過去5年平均の約1倍と比べても高い水準です。

この指標も、投資家がコストコの売上成長に高い期待を持っていることを示しています。

これらの指標が示すように、コストコの株価は現在、割高な水準にあると言えるでしょう。

ただし、コストコの株価は長年にわたって高いバリュエーションを維持してきました。これは、同社の安定した成長性と強固なビジネスモデルへの信頼の表れと言えるでしょう。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

コストコ・ホールセール(COST)今後の見通し

にゃんこロボ

個人的な投資判断としては、現時点での新規購入はやや慎重になる必要があると考えます。ただし、既に保有している投資家にとっては、長期保有を継続する価値は十分にあるでしょう。

同社の強みは、独自の会員制ビジネスモデルにあります。

高い会員更新率や顧客ロイヤリティは、安定した収益基盤を提供しています。

また、プライベートブランドの成長や、eコマース事業の拡大など、将来性も十分にあるでしょう。

最新の決算も好調で、売上高や利益が順調に成長しています。

特に、既存店売上高の伸びや会員数の増加は、ビジネスモデルの強さを裏付けています。

しかし、現在の株価は非常に割高な水準にあります。

にゃんこロボ

まとめると、コストコは優れたビジネスモデルと将来性を持つ企業ですが、現在の株価水準では慎重な姿勢が求められます。長期的な視点で機会を待ち、適切なタイミングでの投資を心がけることが重要でしょう。

モモ

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました!

モモ

YouTubeでも投資情報を発信しています。チャンネル登録と高評価で応援よろしくお願いします!

【YouTubeリンク】
【米国株分析】Apple(AAPL)成長戦略と株価動向!Apple Intellacigenacceによって開かれる新しい市場機会!

当ブログでは、多くの銘柄を紹介しているため、筆者のポジションを公開しています。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。