米国株

【必見】ブロードコム株価上昇の秘密とは?AI需要が牽引する成長戦略

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやTwitterで発信しています♪

モモ

今回は、ブロードコム(AVGO)の分析記事です。

にゃんこロボ

この記事は、ネコ型ロボットのわたしが書きました。

モモ

にゃんこロボは、わたしが生み出したブログ記事生成AIです。

にゃんこロボ

参考にしたサイトがこちら。

ホームページ:事業内容、将来性
10K,10Q:事業内容
Finbox:財務データ・バリュエーション

にゃんこロボ

それでは見ていきましょー。

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

ブロードコム(AVGO)会社概要

どんな会社?

まず始めに、ブロードコムが、どんな会社なのか概要がこちらです。

会社名Broadcom Inc..
本社アメリカ カリフォルニア州
時価総額7,721億ドル
CEOホック・タン
創業1961年
従業員数(2023年10月)20,000名

ブロードコムは半導体やソフトウェアなど幅広い製品を手掛ける世界有数のテクノロジー企業です。

スマートフォンからデータセンターまで、私たちの生活を支える様々な技術を提供しています。

その中でも、特に通信技術の分野で強みを持っています。

例えば、スマートフォンの中には必ずと言っていいほどブロードコムの部品が使われています。

Wi-Fiやブルートゥースの機能を支えているのも、同社の技術なのです。

ブロードコムの製品は、インターネットトラフィックの99%以上に関わっているといわれています。

さらに、近年注目を集めているAIの分野でも、ブロードコムは重要な役割を果たしています。

AIの処理に必要な高性能チップを提供することで、技術革新の最前線に立っているのです。

また、同社は積極的な買収戦略でも知られています。

他社を買収することで、新しい技術や市場を獲得し、成長を続けてきました。

最近では、クラウドコンピューティング分野で有名なVMwareを買収し、事業の幅をさらに広げました。

このように、ブロードコムは通信技術を中心に、私たちの生活に密接に関わる製品を提供し続けている会社です。

創業ストーリー

ブロードコムの創業ストーリーは、複数の企業の合併や買収が関わっています。

この物語は1961年に始まります。

当時、ヒューレット・パッカード(HP)の従業員だったヘンリー・サムエリとロバート・スワンソンが、HPを退職して新しい会社を立ち上げました。

それが、ブロードコムの前身となる「アバゴ・テクノロジーズ」です。

創業以来、技術革新と積極的な買収戦略によって着実に成長を遂げていきました。

一方、1991年には別の会社「ブロードコム・コーポレーション」が設立されます。

この会社は、ヘンリー・ニコラスとヘンリー・サムエリ(アバゴの共同創業者とは別人)によって創設されました。

ブロードコムは、ネットワーク通信用の半導体に特化した企業として急成長を遂げました。

そして2016年、アバゴ・テクノロジーズとブロードコム・コーポレーションが合併し、現在の「ブロードコム」が誕生したのです。

この合併により、両社の強みが融合され、幅広い製品ラインナップを持つ半導体大手として新たなスタートを切りました。

その後も、ブロードコムは積極的な買収を続けています。

2018年にはCAテクノロジーズを、2019年にはシマンテックのエンタープライズセキュリティ事業を、そして2022年にはVMwareを買収しました。

これらの買収により、ソフトウェアやクラウドコンピューティングの分野にも事業を拡大しています。

小さな会社から始まり、合併や買収を重ねて成長し、今では世界有数の半導体メーカーとなっています。

CEO – ホック・タン

ブロードコムの現CEOは、ホック・タンという人物です。

彼は1951年にマレーシアで生まれ、貧しい家庭で育ちました。

しかし、その才能と努力により、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学で学び、高い教育を受けることができました。

ホック・タンは、半導体業界で長年のキャリアを積んできました。

彼は1994年にアバゴ・テクノロジーズに入社し、2006年にCEOに就任しました。

その後、2016年のブロードコムとの合併を経て、新生ブロードコムのCEOとなりました。

彼の経営手腕は業界内で高く評価されています。

特に、積極的な買収戦略と効率的な経営で知られています。

ホック・タンは、買収した企業の不採算部門を整理し、収益性を高めることに長けているのです。

また、彼は長期的な視点を持った経営者としても有名です。

技術の進化を見据え、将来性のある分野に積極的に投資する姿勢が、ブロードコムの成長につながっています。

ホック・タンの経営スタイルは、時に厳しいと評されることもあります。

しかし、その手法がブロードコムを世界有数の半導体メーカーに押し上げたことは間違いありません。

彼の功績は、経済界でも高く評価されています。

2018年には、ドナルド・トランプ大統領(当時)からブロードコムの本社をシンガポールからアメリカに移転する計画が発表された際、ホワイトハウスに招かれたほどです。

このように、ホック・タンはその経歴や経営手腕、ブロードコムの顔としてだけでなく、ビジネス界の重要人物としても認められています。

彼の指揮の下、ブロードコムは今後もさらなる成長を目指していくでしょう。

ブロードコム(AVGO)事業内容

事業内容

事業内容は、主に二つの大きな柱から成り立っています。

一つは半導体ソリューション、もう一つはインフラストラクチャソフトウェアです。

半導体ソリューション部門では、様々な電子機器に使われる半導体チップを開発・販売しています。

具体的には、以下のような製品があげられます。

まず、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器向けの無線通信チップがあります。

Wi-FiやBluetoothの機能を支える重要な部品です。

次に、データセンター向けの高速ネットワーク機器用チップも手がけています。

これらは、大量のデータを素早く処理するのに欠かせません。

また、最近注目を集めているAI向けの特殊なチップも販売しています。

AIの処理能力を飛躍的に向上させる重要な部品となっています。

さらに、自動車向けの半導体も販売しています。

現代の車には多くの電子機器が搭載されていますが、それらを制御するのがこの半導体です。

一方、インフラストラクチャソフトウェア部門では、企業向けの様々なソフトウェアを提供しています。

例えば、サイバーセキュリティソフトウェアがあります。

これは、企業のデータを外部からの攻撃から守る重要な役割を果たします。

また、クラウドコンピューティング関連のソフトウェアも提供しています。

最近買収したVMwareの製品がこれにあたり、企業のIT基盤を支える重要な役割を担っています。

このように、ブロードコムは半導体からソフトウェアまで、幅広い製品を提供しています。

強み

ブロードコムの強みは、複数の要因が組み合わさって形成されています。

その主な特徴をいくつか見ていきましょう。

まず挙げられるのは、幅広い製品ラインナップです。

半導体からソフトウェアまで、様々な製品を提供しています。

この多様性により、特定の市場の変動に左右されにくい安定した経営が可能となっています。

次に、高い技術力が強みとなっています。

特に通信技術の分野では、業界をリードする存在です。

Wi-FiやBluetoothなどの無線通信技術において、常に最先端の製品を生み出しています。

また、大手顧客との強固な関係も重要な強みです。

アップルやサムスンといった大手スマートフォンメーカーとの取引、マイクロソフトやアマゾンなど大手クラウドサービス・プロパイダーとの取引があり、安定した収益源となっています。

さらに、積極的な買収戦略も特筆すべき点でしょう。

他社を買収することで、新たな技術や市場を獲得し、事業を拡大しています。

最近のVMware買収は、クラウド市場への本格参入を意味する大きな動きでした。

加えて、AI(人工知能)分野への積極的な投資も強みの一つです。

AI用の特殊チップ開発に力を入れており、成長市場での地位を確立しつつあります。

経営陣の手腕も見逃せません。

CEOのホック・タンは、効率的な経営と長期的視点での投資で知られています。

この経営方針が、ブロードコムの持続的な成長を支えています。

最後に、高い利益率も強みといえるでしょう。

効率的な経営により、業界平均を上回る利益率を実現しています。

これにより、研究開発や買収のための資金を確保し、さらなる成長につなげています。

これらの強みが相互に作用し合うことで、ブロードコムは半導体業界での強固な地位を築いています。今後も、これらの強みを活かしながら、さらなる成長を目指していくことでしょう。

ブロードコム(AVGO)将来性

ブロードコム(AVGO)は、以下の2つの理由により、今後も成長が期待されます。

  • AI市場での優位性
  • クラウドコンピューティングとVMwareの統合

AI市場での優位性

ブロードコムの将来性を考える上で、AI市場での優位性は非常に重要です。

近年、AIの発展は目覚ましく、多くの企業がこの分野に注目しています。

その中で、ブロードコムは独自の強みを持っているのです。

まず、同社のAI関連製品の売上が急速に伸びていることに注目しましょう。

最新の決算発表では、AI関連の売上が前年比で280%も増加したそうです。

この成長率は驚異的で、ブロードコムがAI市場で急速にシェアを拡大していることを示しています。

次に、ブロードコムのAI向け製品の特徴を見てみましょう。

同社は、AIの処理に必要な高性能チップを提供しています。

特に、データセンター向けの製品に強みがあります。

AIの学習には膨大なデータ処理が必要ですが、ブロードコムの製品はその需要に応えられる性能を持っているのです。

また、ブロードコムはネットワーク技術でも優位性があります。

AI関連の機器同士を高速でつなぐネットワーク製品も提供しており、これがAIシステム全体の性能向上に貢献しています。

さらに、同社のカスタムチップ設計能力も強みとなっています。

大手テクノロジー企業向けに、AIに特化した専用チップを設計・製造する能力があるのです。

これにより、顧客のニーズに合わせた最適なソリューションを提供できます。

ブロードコムは、AIの発展に伴い需要が高まると予想される製品にも注力しています。

例えば、自動運転車や工場の自動化システムなど、今後AIの活用が期待される分野向けの製品開発も進めているそうです。

このように、ブロードコムはAI市場において多角的な優位性を持っています。

高性能チップ、ネットワーク技術、カスタム設計能力など、総合的な強みを活かしてAI市場でのシェア拡大を図っているのです。

AI技術の発展とともに、ブロードコムの成長も加速する可能性が高いでしょう。

クラウドコンピューティングとVMwareの統合

ブロードコムの将来性を語る上で、クラウドコンピューティング市場への進出とVMwareの買収は非常に重要な要素です。

クラウドコンピューティングとは、インターネットを通じてコンピューターのリソースを利用するサービスのことです。

近年、多くの企業がこのサービスを活用しており、市場は急速に拡大しています。

ブロードコムは、この成長市場に本格的に参入するため、2022年にVMwareを買収しました。

VMwareは、クラウド関連のソフトウェアを提供する大手企業で、この買収によりブロードコムはクラウド市場での地位を一気に強化したのです。

VMwareの統合により、ブロードコムは次のような利点を得ることができました。

まず、ソフトウェア事業の売上が大幅に増加しました。

これにより、半導体事業に偏っていた収益構造がより安定したものになりました。

また、VMwareの顧客基盤を活用することで、新たな販売機会を得ることができます。

VMwareの製品を使用している企業に対して、ブロードコムの半導体製品を提案するなど、クロスセルの可能性が広がりました。

さらに、VMwareの技術を活用することで、ブロードコムは自社の半導体製品とクラウドサービスを組み合わせた、より付加価値の高いソリューションを提供できるようになりました。

これは、競合他社との差別化にもつながります。

ブロードコムは、VMwareの製品をサブスクリプション型のビジネスモデルに移行させています。

これにより、より安定した収益基盤を構築することができるでしょう。

クラウド市場は今後も拡大が見込まれており、VMwareの統合はブロードコムの長期的な成長戦略の中核を担うものとなっています。

半導体とソフトウェアの両方を手がける総合的な技術企業として、ブロードコムの将来性はさらに高まったと言えるでしょう。

ブロードコム(AVGO)株価推移

にゃんこロボ

常に最新のチャートが表示されます。

株価チャート(月足)

にゃんこロボ

過去10年間の株価チャート

finviz dynamic chart for AVGO

株価チャート(週足)

にゃんこロボ

過去2年6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for AVGO

株価チャート(日足)

にゃんこロボ

過去6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for AVGO

ブロードコム(AVGO)業績(売上高・利益・キャッシュフロー)推移

にゃんこロボ

過去10年間の業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

売上高成長率(アナリスト予想)

会計年度売上高成長率(YoY)
2024年度+43.5%
2025年度+16.1%
2026年度+10.3%

営業利益(GAAP)

営業利益率(GAAP)

EPS(GAAP)

EPS(GAAP)成長率

EPS(Non GAAP)成長率(アナリスト予想)

会計年度成長率(YoY)予想PER
2024年度+44.8%34.7倍
2025年度+25.6%27.7倍
2026年度+14.3%24.2倍

営業キャッシュフロー

投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフローマージン

フリーキャッシュフローマージン

ブロードコム(AVGO)株主還元(配当・自株買い)推移

1株あたり配当

配当利回り1.27%
配当成長(5年)17.5%
配当性向46.7%
増配年数14年

自社株買い

自社株買い利回り1.6%

ブロードコム(AVGO)資本効率(ROIC・ROE)推移

ROIC

ROE

ブロードコム(AVGO)決算

EPS・売上高の予想と結果

にゃんこロボ

過去8回の決算で、EPSが予想を上回ったのは8回、売上高が予想を上回ったのは8回です。

売上高

売上高成長率(前年比)

EPS

EPS成長率(前年比)

にゃんこロボ

ブロードコムの最新の四半期決算は、市場の予想を上回る好調な結果となりました。

2024年度第2四半期(2024年5月5日まで)の決算内容を見ていきましょう。

まず、売上高は前年同期比43%増の125億ドルを記録しました。

この大幅な増加は、主にAI関連製品の需要増加VMware買収の効果によるものです。

特筆すべきは、AI関連の売上が前年同期比280%増の31億ドルに達したことです。

利益面では、調整後の1株当たり利益が10.96ドルとなり、こちらも市場予想を上回りました。

この好調な業績を受けて、ブロードコムは通期の業績予想を引き上げています。

2024年度の売上高見通しを510億ドルに修正し、前回予想の500億ドルから上方修正しました。

事業セグメント別に見ると、半導体ソリューション部門の売上高は前年同期比6%増の72億ドルとなりました。

この部門では、ネットワーク機器向け製品が特に好調で、売上高が44%増加しています。

一方、インフラストラクチャソフトウェア部門の売上高は、前年同期比175%増の53億ドルとなりました。

この大幅な増加は、主にVMwareの買収効果によるものです。

また、ブロードコムは積極的な株主還元策も継続しています。

四半期配当を1株当たり5.25ドルと発表し、高配当を維持しています。

さらに、注目すべき発表として、10対1の株式分割を行うことも決定しました。

これにより、個人投資家にとってより投資しやすい環境が整うことが期待されます。

全体として、この四半期決算はブロードコムの成長戦略が順調に進んでいることを示しています。