個別銘柄

シスコシステムズ(CSCO) 割安なリモートワーク関連銘柄






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、わたしが投資していて大きく期待しているシスコシステムズ(CSCO)について語ります。








コロナウイルスでリモートワークに移行

なぜ中国が世界一のEコマース大国になったのか?

 

それは、SARSが流行したためです。

 

SARSを恐れた中国の市民は外に出歩かなくなりました。

 

そのため、Eコマースを利用するようになったのです。

 

では、今回の新型コロナウイルスが私たちに何をもたらすのか?

 

わたしは、リモートワークだと信じています。

 

世間では、無駄な通勤時間、無駄な会議がやっと認識され出しました。

テレビ会議システムWebexは会員数急増

わたしが、注目しているシスコシステムズのサービスがWebex(ウェブエックス)です。

 

Webexはネットを利用していれば使うことが出来るテレビ会議システムです。

 

シスコは、Webexの1日の会議の量が、3月の初めから2倍以上になり、2月から2.5倍に増えたことを発表しました。

 

Webexの有料プランは、ホストあたり月額$13.50〜$26.95です。

 

これは、シスコにとって安定的なサブスクリプション収益となります。

世界は、よりインターネットを使う社会に

リモートワークが注目されれば、テレビ会議やクラウドなどの利用は今後ますます増加します。

 

これらの技術に必要不可欠なのがインターネットなのです。

 

シスコは世界最大の通信機器メーカーで、売上の多くは、通信機器であるスイッチやルーターです。

 

シスコのビジネスは、人々がネットを使えば使うほど儲かるビジネスです。

 

リモートワークの発展で、世界は、よりネットを使うようになります。

 

そんな世界でシスコシステムズは、なくてはならない会社になるでしょう。

割安なリモートワーク関連株

シスコシステムズの予想PERは13倍、予想配当利回りは3.6%です。

(テレビ会議システムZoomのPERは4,000倍を超えています。)

 

短期的な業績の悪化や、コロナウイルスによる市況の変動はあるかもしれませんが、今後はバリュエーションの低さが株価を支えるはずです。

 

また、中長期的にはインターネットトラフィックの増加がシスコの株価を押し上げると期待しています。

モモ

シスコシステムズへの投資は他にも魅力がいっぱい♪

こちらの記事もご覧ください♪

モモ

中国のEコマースはSARSによって大きく成長しました。

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。