投資知識

後、どれくらいマーケットは下落するのか?S&P500の過去データから考える。

モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやtwitterで発信しています♪

モモ

アメリカの株式マーケットは、弱気相場入りしました。

モエ

S&P500は、1月4日から6月15日までの162日間で高値から22.5%下落。

モモ

今回は、過去の弱気相場のデータから、後どれくらい下落するのか?どのような投資行動をしたら良いのか考えていこうと思います。

過去のデータからS&P500が、後どれくらい下落するのか考える。

S&P500は、これから176日かけて、8%下落する可能性があります。

Ben Carlsonさんが書いているA Wealth of Common Senseというブログがあります。

そこでは、1950年以降のベアマーケットのデータが公開されています。

こちらが、S&P500のベアマーケットデータ。

S&P500は、ベアマーケットで平均30.2%下落、平均日数は338日。高値を更新するのに1.7年かかりました。

S&P500の直近の高値をつけたのは、2022年1月4日で162日経過しています。高値からの下落率は、22.5%です。

今回のベアマーケットが過去平均と同じになるのであれば以下のようになります。

  • 底値:3,363.40
  • 底値まで残り下落率:7.7%
  • 底値に到達する日:2022年12月8日
  • 底値まで残り日数:176日
  • 高値を更新する日:2023年8月31日
  • 高値を更新するまでの残り日数:442日

過去平均の底値に、かなり近づきました。しかし、これから株価上昇は、しばらく期待できないという結果です。

これからの投資方針について考える。

過去データ通りになれば、12月8日に底打ちしますが、マーケットが底打ちするのは、今日かもしれませんし、3年後かもしれません。

過去データで、マクロ経済をイメージしながら、継続的に投資をすることが大事だと考えます。

過去データは、すでに起きたことなので、今回の下落が過去データ通りになることはありません。

しかし、過去のデータが全く役に立たないかというと、そうでもないと思います。

過去データや現在の経済指標などを考慮して、自分なりのマクロ経済予測をしながら投資をすることは重要です。

なぜなら、将来、全くどうなるか分からない状況で、追加投資していくのは難しいからです。

過去にどんなことが起きたのか分かっていたり、自分の中で将来のイメージを持っていれば、ベアマーケットの中でも追加投資していけます。

今回の株価下落は、大きく資産を増やすチャンスです。個人的には、いつも通り、インデックスへの積立を継続し、10年かけて大きく上昇するような会社に投資していこうと思います。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

公式LINEアカウント!

モモの株式投資を、より便利にご利用いただくために、LINEアカウントを開設しました。
LINEでは、記事の更新情報を確認したり、LINE限定記事を受け取ることができます。