個別銘柄

【中国株 銘柄分析】アリババ・グループ(BABA)への投資 | 業績 | 配当 | 自社株買い | 決算データまとめ











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

アリババ・グループ(BABA)の2010年度~2019年度の決算データをまとめました。

証券会社と銀行で働いていた私が投資判断をする際にチェックするポイントを中心にまとめています。

モエ

データソースは、こちらです。



アリババ・グループ 基本データ

基本情報

会社名 Alibaba Group Holding Limited.
ティッカー BABA
本社 中華人民共和国 杭州市
決算 3月
創業 1999年
上場 2014年

事業内容

アリババ・グループ・ホールディングは持株会社。

子会社を通じて、インターネット・インフラ、eコマース、オンライン金融、インターネ ット・コンテンツなどのサービスを提供する。

世界各国で製品およびサービスを提供。

(Bloombergから引用)

株価チャート

2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、株価は2倍以上上昇しました。

2020年4月末時点の時価総額は、世界で7番目に大きい会社となりました。

アリババ・グループ 業績

売上高・営業利益

売上高の成長は驚異的で、10年間で売上高は67倍にもなりました。

営業利益率

営業利益率は優良企業の目安とされる10%を超えています。

2019年度については、営業利益率の低下が見られました。

中国ではアリババとテンセントがクラウド事業の市場シェア競争を繰り広げています。

アリババは、2020年3月にもクラウド事業に今後3年間で3兆円程度の投資をするという発表をしており、しばらくは利益率が低下することが予想されます。

しかし、クラウド事業は先行投資が大きい分、シェアを奪えれば、利益率が高くなる傾向にあります。

アリババのクラウド事業は、中国国内で5割程度のシェアを獲得しています。

EPS(1株当たり利益)

BPS(1株当たり純資産)

キャッシュフロー

アリババのフリーキャッシュフローは、プラスで推移しています。

その伸びは素晴らしいものがあります。

アリババ・グループ株主還元

1株あたり配当

配当の支払いは行っていません。

自社株買い

自社株買いについても実施しておらず、株主還元には消極的です。

アリババ・グループバリュエーション

PER(株価収益率)

過去5年間の平均PERは39.37倍

2020/5/11時点のPERは22.03倍

PBR(株価純資産倍率)

過去5年間の平均PBRは7.19倍

2020/5/11時点のPBRは5.16倍

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

06過去5年間の平均PCFRは24.93倍

2020/5/11時点のPCFRは19.20倍





銘柄分析 コメント

世界トップ10に入る時価総額ではあるものの、その成長は止まっていません。

売上高成長率の高さは驚異的。

クラウドの市場シェア争いで、利益率の悪化が予想されますが、現段階でも利益とフリーキャッシュフローをしっかり出しています。

株主還元をしていないため、利益がバランスシートに蓄積され財務は健全。

事業はeコマース、クラウド、テレビ会議など今後期待されるテーマとなっています。

それなのにバリュエーションは過去の水準と比較すれば、非常に割安です。

モモ

5月22日の決算発表に注目♪