個別銘柄

【米国株 銘柄分析】チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)への投資 | 業績 | 配当 | 自社株買い | 決算データまとめ











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、アメリカの大手外食レストラン・チェーン「チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)」の銘柄分析です。

モエ

データソースはコチラ♪

モモ

金融機関で働いていた私が投資をする際にチェックしている点を中心にまとめています。

モエ

チーズケーキ・ファクトリーはアメリカの大手レストラン・チェーンです。

モモ

わたしもハワイ旅行に行った時にチーズケーキ・ファクトリーに行きました。わたしが行った時は、ディナータイムには行列ができるほど人気でした。

モエ

ハワイ店の写真がこちら♪

The Cheesecake Factory, Honolulu: They say it's worth the wait (45 mins),  can;t book. | Cheesecake factory, Cheesecake factory waikiki, Hawaii fun
Welcome to The Cheesecake Factory
モモ

コブサラダとパスタを頼んだらメチャクチャ大きいサイズだったのを覚えています。写真だと分かりづらいですが本当に大きかった。。

コブサラダ
天使の髪のエビ
モモ

旅ブログみたいになってきたので投資の話に戻します。チーズケーキ・ファクトリーは、新型コロナで業績はボロボロに。。ワクチンができた際、株価の上昇が期待できる銘柄として取り上げました。

モエ

それでは見ていきましょ〜♪



チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)データ

Cheesecake Factory Kuwait Menu Card

基本情報

会社名The Cheesecake Factory Inc.
ティッカーCAKE
本社カリフォルニア州
セクター一般消費財
決算12月
創業1972年

事業内容

チーズケーキ・ファクトリーは、米国を中心にカジュアル・レストランを展開しています。

店舗の内装には、こだわっていて、やや高級感のあるレストランという印象です。

もともとは、チーズケーキを高級レストランに販売したのが始まりであるため、チーズケーキの種類は非常に豊富です。

The Cheesecake Factory will open its first Canadian location at Toronto's  Yorkdale mall this fall | Financial Post

米国とカナダでは直営店を中心に293店舗、メキシコやサウジアラビアや中国などはライセンス契約で26店舗を展開しています。

メニュー数は、250品目と非常に多いのが特徴です。

2019年に、高級カジュアル・レストラン「ノース・イタリア」、有機食材を使った料理が特徴の「フラワー・チャイルド」を運営するフォックス・レストラン・コンセプトの買収を行いました。

モモ

経営陣が悪いわけではありませんが、新型コロナ流行前の企業買収は業績を悪化させる要因となりました。

株価チャート

過去10年間の株価パフォーマンスは市場平均を大きく下回っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-89-1024x572.png

年初からのパフォーマンスについても市場平均を下回っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-113-1024x573.png

過去1ヶ月のパフォーマンスはNASDAQを上回っています。

チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)業績

モモ

過去の業績は、グラフを見れば分かるほど安定して成長しています♪

売上高・営業利益

市場予想売上高成長率
2020年度1.99Bー20.0%
2021年度2.62B31.60%

営業利益率

EPS(1株当たり利益)

市場予想EPS
2020年度$-1.17
2021年度$1.22

BPS(1株当たり純資産)

キャッシュフロー

チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)株主還元

1株当たり配当

新型コロナウイルスの影響で、配当については中止しています。

配当性向

自社株買い

自社株買いについても現在は実施していません。

チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)バリュエーション

PER(株価収益率)

過去5年間の平均18.47倍
2020年8月5日時点10.39倍

PBR(株価純資産倍率)

過去5年間の平均3.75倍
2020年8月5日時点3.79倍

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

過去5年間の平均9.01倍
2020年8月5日時点13.00倍

チーズケーキ・ファクトリー(CAKE)四半期決算

EPS(1株あたり利益)の市場予想と結果

過去8回の決算のうち、市場予想を上回ったのが5回下回ったのが3回

売上高の市場予想と結果

過去8回の決算のうち、市場予想を上回ったのが2回下回ったのが6回





銘柄分析 コメント

レストランの多くは、新型コロナの影響で業績は、ボロボロです。

新型コロナの影響が最も大きかったQ2(4月〜6月)のチーズケーキ・ファクトリーの売上高は前年比50.9%も減少しました。

しかし、チーズケーキ・ファクトリーの業歴は長く、今までの金融危機を上手く乗り越えることにより会社を成長させてきた経緯があります。

今回についても、ロアキャピタルグループから2億ドルの資金を調達をすることに成功しました。

2020年6月末時点のバランスシートでは、現金および現金同等物が2.5億ドル、長期債務3.8億ドル。

流動性資金を確保しており2年程度は、悪い状態が続いたとしても倒産する危険性は低いと考えています。

直近1ヶ月の株価パフォーマンスは、NASDAQが下落する中、チーズケーキ・ファクトリーの株価は上昇しました。

新型コロナのワクチンが承認されれば、この動きは拡大する可能性があります。

モモ

チーズケーキ・ファクトリーは思い入れのある銘柄だったので記事にしてみました。ワクチンができて株価が大幅上昇することを期待しています。

モエ

テーマパークが閉園しているディズニーについても、ワクチンができれば上昇が期待できる銘柄として注目しています。

モエ

新型コロナの影響で貸倒引当金を多く積み上げたJPモルガンチェースについても今後、業績の回復が期待されます。