個別銘柄

【PLTR】パランティア ・テクノロジーズ 2020年度第4四半期決算を発表!ビッグデータ分析会社の決算を振り返る






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







先日、わたしが投資したパランティアが2月16日に決算発表しました。

パランティアは、ピーターティールが設立した話題のビッグデータ分析会社。

今回の記事では、簡単に事業内容と決算、わたしの投資判断について書きました。

それでは、見ていきましょう!








パランティア ・テクノロジーズ(PLTR)ピーターティールが創業したビッグデータ分析会社

「Palantir」の画像検索結果

強力なリーダーシップと、今後訪れるデータ時代に合った企業だと思い投資しました。

ピーターティールは、ペイパルの共同創業者でペイパル・マフィアの一人です。

パランティアは、文書や動画、構造データと非構造データの分析ができる技術をもっています。

政府向けや諜報関連で高い評価を得ており、オサマ・ビン・ラディンの追跡を支援したとも言われています。

パランティア ・テクノロジーズ(PLTR)2020年度第4四半期決算を発表!

カンファレンス・コールを聞く気にもならない悪い決算。

2020年Q4

  • EPS:-0.08ドル(予想0.02ドル)
  • 売上高:3.22億ドル(予想3.00億ドル)
  • 売上高成長率は前年同期比+40%

2021年通年

  • 売上高:11億ドル(予想10.07億ドル)
  • 売上高成長率は前年同期比+47%

2020年Q4(10-12月)のEPSが市場予想を下回る結果となりました。

EPS外しすぎで、IRやる気なしと判断しました。

パランティアの決算は今回で2回目、上場して間もない会社です。

パランティアは、アップルやマイクロソフトのような長期で業績を拡大した会社と比べ、投資家とのリレーションができていません。

こういった会社は、決算が悪ければすぐに売却した方が良いと思います。

パランティアの株価は、大幅に下落しました。

パランティアの事業は先進的で面白く、政府との契約が増えれば売上をどんどん伸ばすことができるため株価は、短期でも上昇するかもしれません。

長期的に、かなり期待できる会社だという考えは変わっていません。

しかし、今は、好決算の会社の方が多く、あえて決算を外した新興企業の株を持っておく理由はありません。

今後、パランティアの株価が上がっても後悔はしない。

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。