個別銘柄

アトラシアン【TEAM】2022年度第1四半期決算






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

アトラシアンが、10月28日引け後に決算発表をしました。

モエ

アトラシアンは、プロジェクト管理ツールを開発するソフトウェア企業です。

モモ

好決算で株価は大きく上昇しました♪

モモ

わたしも投資していて、期待している銘柄です。今回は、決算が良かった理由を解説します。

モエ

それでは、見ていきましょー!








アトラシアン【TEAM】2022年度第1四半期決算を発表!

EPS・売上高はOK!ガイダンスEPSをMiss

ガイダンスEPSをミスしたものの、売上高は大幅に市場予想を上回った!

FY22Q1

  • EPS:$0.46(予想$0.40)
  • 売上高:$614.02M(予想$582.32M)
  • 売上高成長率:+33.6% Y/Y

FY22Q2

  • EPS:$0.35~0.38(予想$0.44)
  • 売上高: $630~645M(予想$618.56M)
  • 売上高成長率:+25.6~28.6% Y/Y

クラウドビジネスとデータセンタービジネスの成長率が加速。クラウド製品への移行は順調に進んでいる。

アトラシアンは、クラウドファースト企業への変革を進めている最中で、2021年2月2日からサーバ製品の新規ライセンス販売を終了しています。

FY22Q1のサブスクリプションによる売上高は、前年同期比57%増加し、売上高の70.9%を占めています。

顧客数は順調に増加。アトラシアンのビジョンは、Fortune500,000全てを顧客にすることです。総顧客数が216,500のアトラシアンには、果てしない成長の余地があります。

顧客数増加率(新基準)

今期から、顧客基準が厳しくなりました。具体的には、スターターライセンス/サブスクリプションを顧客数から除き、Trelloのシングルアカウントを顧客数に含めなくなりました。

財務は健全です。

FY22Q1比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$1,602M30%増
総債務$1,255M107%増

FY22Q1営業キャッシュフローは、$78,386M

FY22Q1フリーキャッシュフローは、$59,319M

経営陣のコメントがこちら。

私たちは、2021年度で成功を収め、2022年度第1四半期も、その勢いを維持しています。

クラウド製品の収益は前年同期比50%以上増加し、クラウド製品への移行は順調に進んでいます。

全体の売上高も34%増加しました。

新たな顧客を11,746迎えましたが、99%以上がクラウドを利用しています。

From the CEOs

3つの異なる業界でCFOを18年務め、今年初めに60歳の誕生日を迎えました。

60歳の私にとって、次のリーダーにバトンを渡す適切な時期となりました。

アトラシアンには、非常に強力な財務チームの貢献を含め、素晴らしい勢いがあります。

ミッションを継続的に実現するのに良いポジションにいます。

私は、アトラシアンに起きていること、これから起きる多くの機会に興奮しています。

これから後継者へのスムーズな移行に注力し、将来の発展に貢献していきたいと思います。

James Beer CFO

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

粗利益

粗利益率

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフロー・マージン

EPS(Non-GAAP)

EPS成長率(Non-GAAP)

アトラシアン【TEAM】決算に対するコメント

かなり素晴らしい決算でした。

決算発表の翌日、株価は最大で15.8%も上昇しました。

バリュエーション的には、割高。

過去1年間の株価推移とPSR(LTM)の推移。

株価は直近1年間で、117%上昇。

過去12カ月間の売上高の52倍の時価総額で取引されており、割安感はありません。

しかし、アトラシアンのバリュエーションは常に割高で、優良企業への投資を行う場合、高いプレミアムを支払わなければなりません

経営陣は、クラウドコンピューティング・オペレーティングモデルへの移行は計画どおりに進んでいますが、移行に数年かかると発言しています。

クラウド製品に移行し、サブスクリプション収益が増加すれば、財務はより強固なものとなるでしょう。

共同創業者で共同CEOのマイク・キャンブルックスとスコット・ファクワーは、Fortune500,000全てを顧客にするという大きなビジョンを持っています。

彼らは、まだ40代前半で、その大きなビジョンを達成するのに十分な時間があります。

アトラシアンは、優秀な経営者、巨大なアドレス可能な市場、素晴らしい企業文化があり、わたしの投資基準の多くを満たしている会社です。今後も投資比率を高めていきたい銘柄です。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

アトラシアンの銘柄分析記事がこちら。

アトラシアンは、調整局面で買いたい超優良株5選の1つに選定した銘柄です。

最近書いた決算記事がこちら♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。