個別銘柄

テスラ【TSLA】2022年度第1四半期の生産台数と納車台数を発表!






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

テスラが、4月2日にQ1(1~3月)の生産台数と納車台数を発表しました。

モエ

夜更かししていたので発表後、すぐにツイート♪

今回は、生産台数と販売台数をグラフにしました。

それでは、見ていきましょー!








テスラ【TSLA】2022年度第1四半期の生産台数と納車台数

アナリスト予想を上回る結果となりました。

FY22Q1納車台数

結果:31.0万台

予想:30.9万台

プレリリースをもとに生産台数と納車台数をまとめました。

FY22Q1生産台数

  • Model S/X:14,218台
  • Model 3/Y:291,189台(+61.5% Y/Y)
  • 合計:305,407台(+69.4% Y/Y)

FY22Q1納車台数

  • Model S/X:14724台(+628.9Y/Y)
  • Model 3/Y:295,324台(+61.6% Y/Y)
  • 合計:310,048台(+67.8% Y/Y)

過去4年間の生産台数と納車台数の実績をグラフにしました。

生産台数推移

生産台数(前年同期比)

納車台数推移

納車台数(前年同期比)

コメント

ギガ上海の閉鎖やサプライチェーンが乱れているため心配してましたが、アナリスト予想を上回る結果で安心しました。

イーロン・マスクCEOは、「サプライチェーンと中国のゼロコロナ政策により、非常に困難な四半期だった。」とツイートしました。

中国では、新型コロナの感染者が急増しています。そのため、ギガファクトリー上海工場を3月中旬に2日間、3月28日から4日間も閉鎖していました。

ギガ上海は、毎日2,000台のEVを生産している主要な工場です。

また、サプライチェーンの問題もありました。

足元では、ロシアのウクライナ侵攻に伴い、EVバッテリーの重要な成分であるニッケルの確保が心配されていました。

ロシアは、ニッケルの主要な生産国の一つです。

しかし、テスラはブラジルの資源開発大手Valeとニッケルの供給で複数年契約を締結しています。

同業他社とは異なり、テスラはニッケルの確保に以前から注力してきました。

今回もテスラやイーロンマスクの先見性が発揮されました。引き続きテスラに期待しています♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。