米国株

ドアダッシュ(DASH)今後の株価見通し!事業内容や将来性を分析!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやTwitterで発信しています♪

モモ

今回は、料理宅配サービスのリーダー企業であるドアダッシュの分析記事です。

モエ

NASDAQ 100指数への組み入れが決定し、注目を集めています。

モモ

今回の記事では、ドアダッシュの事業内容や将来性について分かりやすく解説します。

モエ

この記事を書くために参考にしたサイトはこちら。

ホームページ:事業内容・将来性
10K:財務データ・投資リスク
Finbox:財務データ・バリュエーション

モエ

それでは、見ていきましょー!

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

ドアダッシュ(DASH)事業内容と強み

ドアダッシュは、料理宅配サービスで圧倒的な市場シェアを獲得しており、高成長を続けています。

同社は、都市ごとにローカライズされた宅配サービス・プラットフォームを展開しています。

顧客はアプリを使い、注文から支払いまで行います。

それをレストランに伝え、Dashersと呼ばれる配達員が消費者へ届けます。

ドアダッシュは、2つのマーケットプレイスを保有しています。

  • DoorDash Marketplace:米国、カナダ、オーストラリア、日本の4,000以上の都市でサービスを展開。
  • Wolt Marketplace:28カ国でサービスを展開。ドアダッシュが、2022年5月に買収。

DoorDashは米国で最も人気があり、2023年11月時点の市場シェアは約66%です。

モエ

アメリカの料理宅配サービス取引量の市場シェアがこちら。

DoorDash66%
Uber Eats23%
Grubhub8%
Postmates2%
Bloomberg Second Measure

ドアダッシュは、新型コロナ禍で急速に成長。直近の四半期決算でも、過去最高の売上高を記録しました。

モエ

ドアダッシュの過去5年間の売上高と売上高成長率がこちら。

パンデミックの際、200%を超える驚異的な売上高成長率を記録しました。

11月1日に発表された第3四半期の売上高は、過去最高の21億ドル、前年同期比の27%も成長しました。

コロナ後に、成長率は減速しているものの、依然として高い成長を維持しています。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ドアダッシュ(DASH)将来性と成長予測

ドアダッシュなアドレス可能な市場は広大で、長期的に高い成長が期待できます。

statistaによると、世界のフード・デリバリー市場は、2023年に1.4兆米ドルに達し、年間複合成長率(CAGR 2023-2028)は11.47%と予想されています。

それに対して、ドアダッシュの過去12ヶ月売上高は、0.008兆米ドルしかありません。

ドアダッシュには、まだまだ長い成長の道が残されています。

競合が激しい業界ではあるものの、財務が健全であるため競合に打ち勝つことができると信じています。

フード・デリバリー市場は、魅力的な市場であるため、UberやGrubhubなど強力な競合が存在しています。

それに対して、ドアダッシュは、無借金経営フリーキャッシュフローを創出しているため、競争に勝つ可能性が高いです。

モエ

ドアダッシュの直近の財務データがこちら。

現金及び短期有価証券$3,821M
総債務$0M
営業キャッシュフロー(過去12ヶ月)$1,211M
フリーキャッシュフロー(過去12ヶ月)$1,072M

料理宅配サービスは、参入障壁が低いように見えますが、ドアダッシュの市場シェアが高まれば、ネットワーク効果が期待できます。

ネットワーク効果については、『千年投資の公理』の書評記事で詳しく解説しています。

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

ドアダッシュ(DASH)財務と株価動向

株価は高値から61%下落しており、バリュエーショは適正な水準だと考えます。

モエ

上場(2020年12月)してから現在までの株価がこちら。

モエ

ドアダッシュのPSRがこちら。

PSR(NTM)4.7倍
PSR(LTM)5.0倍
過去平均7.0倍

予想売上高の4.7倍の時価総額で取引されており、成長余地や市場シェアを考慮すると適正なバリュエーションだと考えます。

同社は成長企業であるため、利益を上げていませんが、営業費用の比率は小さくなっており、黒字化への道を歩んでいるように見えます。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

ドアダッシュ(DASH)まとめ

ドアダッシュは、料理宅配サービスで急速な成長を遂げました。そして、これからも市場リーダーの地位を長期的に維持すると考えています。

地域ごとに特化した配達プラットフォームを展開し、レストランだけでなく、食料品や日用品の配達にも手を広げています。

特に、Woltの買収による国際市場への進出は、同社の事業拡大戦略の重要な一環となっています。

新型コロナウイルスの流行により、ドアダッシュは200%を超える売上高成長率を達成しました。

その後も、成長率は減速しているものの、依然として高い成長を維持しています。

将来の成長に関しては、ドアダッシュのアドレス可能な市場は広大です。

フードデリバリー市場は、今後も高い成長が期待されています。

競争は激しいですが、ドアダッシュの財務は健全で、強固なバランスシートフリーキャッシュフローの創出により、競合他社に対して優位に立つことが可能です。

株価に関しては、2020年の上場以降、一定の下落を経験していますが、

予想売上高の4.7倍の時価総額で取引されており、バリュエーションは適正であると考えられます。

成長企業でありながら、黒字化に向かっている兆しも見られます。

ドアダッシュは、今後も食品配達市場において重要な役割を果たし続けるでしょう。

ドアダッシュは、市場シェアの拡大とネットワーク効果によって長期的な成長を遂げるでしょう。その結果、世界でも指折りのデリバリープラットフォームになる未来を予測しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

当ブログでは、多くの銘柄を紹介しているため、筆者のポジションを公開しています。

ネットワーク効果については、『千年投資の公理』の書評記事で詳しく解説しています。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。