投資知識

後、どれくらいマーケットは下落するのか?S&P500の過去データから考える。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやtwitterで発信しています♪

モモ

アメリカの株式マーケットは、弱気相場入りしました。

モエ

S&P500は、1月4日から6月15日までの162日間で、最高値から22.5%下落。

モモ

今回は、過去の弱気相場データを基に、これからの市場の動向や最善の投資戦略について考察します。

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

ブログ記事:【特別レポート】永久に持っておきたい高配当米国株6銘柄!Oxfordインカム・レターが無料公開!

過去のデータから予測するS&P500の下落幅

わたしはS&P500が、今後176日かけて、8%の下落すると予想しています。

Ben Carlson氏が書いているA Wealth of Common Senseというブログがあります。

そこでは、1950年以降のベアマーケットのデータが公開されています。

こちらが、S&P500のベアマーケットデータ。

S&P500は、ベアマーケットで平均30.2%下落、平均期間は338日、高値更新には1.7年かかりました。

S&P500の最近の高値は2022年1月4日で、そこから162日経過し、最高値からの下落率は22.5%となります。

今回のベアマーケットが過去の平均と同じ動きを示すなら、以下の予測が立てられます。

  • 底値:3,363.40
  • 底値まで残り下落率:7.7%
  • 底値に到達する日:2022年12月8日
  • 底値まで残り日数:176日
  • 高値を更新する日:2023年8月31日
  • 高値を更新するまでの残り日数:442日

過去の平均底値には、すでに近づいています。しかし、これからの株価上昇は、6ヶ月くらい期待できないという結果です。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

今後の投資戦略について

過去データ通りになれば、12月8日に底打ちします。しかし、マーケットが底打ちするのは、今日かもしれませんし、3年後かもしれません。

過去のデータを参考にしつつ、マクロ経済全体をイメージし、継続的に投資を行うことが重要だと考えています。

過去のデータはすでに起きた事象であり、必ずしも今後の動きを予測するものではありません。

ただし、それらが全く役立たないとは限りません。

過去のデータや現在の経済指標を考慮し、自分なりのマクロ経済予測を立てることが投資成功のカギとなるでしょう。

なぜなら、将来、全くどうなるか分からない状況で、追加投資していくのは難しいからです。

過去の出来事を理解し、将来のシナリオをイメージすることで、ベアマーケットでも追加投資を行うことが可能となります。

今回の株価下落は、大きく資産を増やすチャンスです!いつも通り、インデックスへの積立投資を続け、10年かけて大きく成長するような会社に投資していこうと思います。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

高配当株が好きな投資家向け。レポートには、わたしの知らない会社も含まれていて、とても参考になりました。

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」では、小型グロース株投資での大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。