個別銘柄

【米国株 銘柄分析】ギリアド・サイエンシズ(GILD)への投資 | 業績 | 配当 | 自社株買い | 決算データまとめ






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、ギリアド・サイエンシズ(GILD)の2010年度~2019年度の決算データをまとめました。

モエ

データソースは、こちらです。

モモ

証券会社と銀行で働いていた私が投資判断をする際にチェックするポイントを中心にまとめています。








ギリアド・サイエンシズ 基本データ

基本情報

会社名 Gilead Sciences, Inc.
ティッカー GILD
本社 カリフォルニア州
決算 12月
設立 1987年
上場 1994年

事業内容

ギリアドサイエンシズは、バイオ医薬品をつくる会社。

抗インフルエンザ薬『タミフル』の特許を持っています。

また、エイズやB型・C型肝炎ウイルスなどの感染症治療・予防薬の開発でも成功しました。

インフルエンザ、HIV、肺炎など、人類の問題ともいえる病気の治療薬を、開発した会社です。

現在は、新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」(2020/5/2にFDA承認)が注目されています。

株価チャート

1994年にIPOされた時の株価は0.54ドルが、2015年7月に123.37ドルまで上昇。

21年間で株価は、228倍にもなりました。

2015年頃には、ギリアドサイエンシズに投資しておけば、誰でも億万長者になれると言われたほどです。

しかし、その後はバイオ株ブームの終わりとともに株価は下落。

現在の株価は、2015年につけた最高値から35%も下落しています。

ギリアド・サイエンシズ 業績

売上高・営業利益

2014年に、C型肝炎の治療薬「ハーボニ」の承認取得を受け業績は、一気に拡大しました。

しかし、薬価を高く設定したことで、世間から嫌われてしまいました。

その後は、薬価が引き下げられ、売上と利益は大幅に減少しています。

営業利益率

利益率は下落傾向ですが、

現在でも優良企業の目安である10%を超えています。

EPS(1株当たり利益)

BPS(1株当たり純資産)

会社の体力を表すBPSは、

2018~2019年度に減少しています。

これは、積極的な株主還元をしたためです。

キャッシュフロー

フリーキャッシュフローは、

10年間プラスを維持しています。

ギリアド・サイエンシズ 株主還元

1株あたり配当

2015年度から配当を開始しました。

2020/5/2時点の予想配当利回りは3.2%。

配当性向

利益に対して多くの配当を払っており、配当の安全性は高くはありません。

自社株買い

自社株買いに積極的で10年で発行済株数の約27%を減らしました。

株主還元には積極的な会社といえます。

ギリアド・サイエンシズ バリュエーション

PER(株価収益率)

過去5年間の平均PERは17.50倍

2020/5/2時点のPERは20.50倍

PBR(株価純資産倍率)

過去5年間の平均PBRは5.43倍

2020/5/2時点のPBRは4.54倍

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

過去5年間の平均PCFRは8.46倍

2020/5/2時点のPCFRは11.14倍

コメント

ギリアド・サイエンシズが、最も注目されているのは、新型コロナウイルス感染症治療薬「レムデシビル」です。

 

アメリカのFDAは、「レムデシビル」の緊急使用を承認したと発表しました。

 

これは、短期的にギリアド・サイエンシズの業績を押し上げる要因とはなりません。

 

150万個を無償提供するためです。

 

ギリアド・サイエンシズは、薬価が高いということで嫌われ者。

 

バリュエーションは割高ではありません。

 

わたしは、今回の件でギリアド・サイエンシズのイメージが良くなって欲しい。

 

バイオ医薬品をつくるには、膨大な時間とお金がかかるからです。

 

FDAから承認を受けることができる薬は、ほんのわずか。

 

承認を受けることができず、経営が厳しくなり、破綻する会社もあります。

 

ギリアドのような製薬会社は、病気になった患者が多ければ儲かります。

患者が多くなければ儲かりません。

 

それなのにギリアドは新型コロナウイルスが、拡大すると分からない時から治療薬の開発をしてくれていました。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大しなければ、今回の開発は無駄になっていた可能性もあります。

モモ

人類の危機ともいえる病気に立ち向かってきたギリアド・サイエンシズに、人々は感謝すべきだと思う。

モエ

ギリアド・サイエンシズは、不景気に強いヘルスケアセクターで高配当なところが魅力です。

ヘルスケアや高配当株の関連記事はこちら♪

https://momo0214.com/%e3%80%90%e9%ab%98%e9%85%8d%e5%bd%93%e6%a0%aa%ef%bd%a5%e6%8a%95%e8%b3%87%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%91%e3%80%90%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89%ef%bd%a5%e3%82%a4/
オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。