個別銘柄

【米国株 銘柄分析】シスコシステムズ(CSCO)への投資 | 業績 | 配当 | 自社株買い | 決算データまとめ











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

シスコシステムズ(CSCO)の2010年度~2019年度の決算データをまとめました。

コメントについては2020年5月13日に発表された四半期決算の内容も書きました。

証券会社と銀行で働いていた私が投資判断をする際にチェックするポイントを中心にまとめています。

モエ

データソースは、こちらです。



シスコシステムズ 基本データ

基本情報

会社名Cisco Systems
ティッカーCSCO
本社カリフォルニア州
セクター情報技術
決算7月
設立1984年
上場1990年

事業内容

シスコは、通信機器開発で世界最大の会社です。

ルーター、スイッチなどで圧倒的なシェアを獲得しています。

今まで、100以上の会社を買収して成長してきました。

近年は、ソフトウェアやセキュリティー、テレビ会議システム等にも事業を拡大しています。

株価チャート

株価は市場平均をアンダーパフォームしています。

シスコが創業や上場をした頃と比べ、

インターネットの普及スピードが減速し、主力事業である通信機器が成熟期だと評価されているためです。

また、中国ファーウェイなどの強力なライバルが現れたことも株価を押し下げました。

シスコシステムズ 業績

売上高・営業利益

業績は、安定していますが低成長です。

5月13日に発表された2020年度第3四半期決算(2~4月)は減収減益。

売上高は11,983百万ドル(前年同期比7.5%減)、営業利益は3,807百万ドル(前年同期比9.4%減)となりました。

営業利益率

営業利益率は優良企業の目安とされる10%を大きく上回っています。

また、利益率は上昇傾向にあります。

これは、利益率の高いサービスやセキュリティ事業に力を入れているためです。

主力事業が減収する一方で、サービス事業の売上は前年同期比5%増、セキュリティ事業の売上は前年同期比6%増加しています。

現在、売上高全体に占めるサービス事業の売上比率は28.3%、セキュリティ事業の売上比率は6.5%となっています。

今後は、これらの注力事業をどこまで伸ばせるかが注目です。

EPS(1株当たり利益)

2018年度の利益が極端に少ないのは、税制改革に伴う一時費用を計上したためです。

BPS(1株当たり純資産)

会社の体力をあらわすBPSは近年、減少しています。

これは、配当の支払いや、大規模な自社株買いによるものです。

それでも2020年度第3四半期末時点で、現金および現金同等物を285億ドルも保有しており財務は健全です。

キャッシュフロー

キャッシュフローは非常に安定しています。

2020年度第3四半期では、ソフトウェア収入の74%がサブスクリプション収入で、前年比9%増加していました。

そのため今後は、キャッシュフローがさらに安定すると考えています。

シスコシステムズ 株主還元

1株あたり配当

2011年度から配当を開始しました。

2020/5/16時点の予想配当利回りは3.2%。

配当性向

配当性向は、おおむね50%以下で推移しており、今後も安定して配当の支払いが可能だと考えます。

自社株買い

自社株買いに積極的で10年で発行済株数の約24%を減らしました。

株主還元には積極的な会社といえます。

シスコシステムズ バリュエーション

PER(株価収益率)

過去5年間の平均PERは154.68倍

2020/5/16時点のPERは17.33倍

PBR(株価純資産倍率)

過去5年間の平均PBRは3.68倍

2020/5/16時点のPBRは5.21倍

PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

過去5年間の平均PCFRは13.1倍

2020/5/16時点のPCFRは12.01倍





銘柄分析 コメント

シスコは通信機器で市場シェアが高く、利益率も高い会社ですが、株式市場では低く評価されています。

ハードウェア会社の株価は、ソフトウェア会社と比べ評価されない傾向にあるためです

わたしは、今後もシスコシステムズがソフトウェア部門の業績を伸ばし、総合的なIT企業として株式市場で再評価されることを期待しています。

 

また、シスコはCisco Webex Meetingsというテレビ会議サービスを提供しており、リモート関連銘柄としても有望だと考えます。

現在、シスコの全世界社員のうち95%が、リモートワークをしています。

モモ

アフターコロナの世界では、リモートワークができる会社と、リモートワークができない会社で大きな差がつくはず。

シスコは割安なリモート関連銘柄としても期待♪