個別銘柄

【AAPL】アップル 2021年度第1四半期決算を発表 iPhone12の販売が好調!記録的な四半期を達成!






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







アップルが1月27日引け後にQ1(10-12月期)決算を発表しました。

アップルの分析記事はこちら。








アップル(AAPL)2021年度第1四半期決算を発表

EPS・売上高 結果と市場予想

EPS、売上高ともに市場予想を上回る良い決算。売上高は過去最高を記録!

  • EPS:1.68ドル(予想1.41ドル)
  • 売上高:1,114億ドル(予想1,032億ドル)
  • 売上高成長率は前年同期比+21%

プロダクト・サービス別の売上高成長率

幅広いプロダクト・サービスで高い成長を維持。

  • iPhone:前年同期比+17%
  • Mac :前年同期比+21%
  • iPad:前年同期比+41%
  • Wearables, Home and Accessories:前年同期比+30%
  • Services:前年同期比+24%

地域別売上高成長率

すべての地域で前年を大きく上回る成長。特に中国が好調。

  • アメリカ:前年同期比+12%
  • ヨーロッパ:前年同期比+17%
  • 中国:前年同期比+57%
  • 日本:前年同期比+33%
  • アジア太平洋:前年同期比+11%

財務データと株主還元

財務データなど一部抜粋。

  • 営業利益:335億ドル(前年同期比+31%)
  • 営業利益率:30.1%(前年同期:27.8%)
  • 営業キャッシュフロー:388億ドル(前年同期比+27%)
  • 営業CFマージン:34.8%
  • 株主還元(自社株買いと配当):284億ドル

アップル(AAPL)2021年度第1四半期決算 コメント

5Gの恩恵によりiPhone12が好調!

iPhoneは、アクティブ・インストール・ベースで10億を超えました。

iPhone12モデルは、5Gと世界高水準カメラでユーザに対して経験したことのない革新的な反応を与えている。

特に中国は、5Gへの移行が早かったため、需要が増加した。

北米やヨーロッパ、韓国についても5Gへの移行が進んでいることからiPhone12に対する継続的な需要が今後も拡大することが予想される。

サブスクが好調!ハードウェアの会社ではなくソフトウェアの会社へと移行。

サービス事業の売上高成長率が24%と高い成長を維持した。

2020年12月末時点で、6億2,000万を超える有料サブスクリプション契約を獲得。

直近1年間で1億4,000万増加しており、iPhoneだけでなくサービス事業の拡大についても期待される。

サービス事業については利益率が高く、ソフトウェア企業は株式市場で高く評価される傾向にある。

そのため、アップルは企業業績と株式市場の評価、両方で時価総額を押し上げることが予想される。

アップルは、今後も高いパフォーマンスを生み出すブルーチップであると考えます。

アイコン名を入力

アップルの分析記事はこちら。

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。