米国株

アルファベット【GOOGL】【GOOG】2022年度第1四半期決算

モモ

アルファベットが、4月26日のアフターマーケットで決算を発表しました。

モエ

アルファベットは、GooglやYouTubeなどの親会社です。

モモ

今回は、アルファベットの決算を確認します。

モエ

それでは、見ていきましょー。

アルファベット【GOOGL】【GOOG】2022年度第1四半期決算を発表!

File:Alphabet Inc Logo 2015.svg - Wikimedia Commons

EPSと売上高ともに、アナリスト予想を下回りました。

FY22Q1結果

  • EPS:$24.62(予想$25.59)
  • 売上高:$68.01B(予想$68.05B)

前年同期と比べ増収、減益となりました。

FY22Q1売上高構成比と事業ごとの成長率。

事業構成比成長率
Google Search58.3%24.3%
YouTube ads10.1%14.4%
Google Network12.0%20.2%
Google other10.0%4.9%
Google Cloud8.6%43.8%
Other Bets0.6%122.2%
Total Revenue100%23.0%

FY22Q1事業ごとの営業利益率。

事業営業利益率
Google Services37.3%
Google Cloud-16.0%
Other Bets-262.5%
Total29.5%

Google Servicesは、Google Search・YouTube ads・Google Network・Google otherの合計。

バランスシートを一部抜粋。

FY22Q1比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$133.97B4%減
総債務$28.60B0.3%増

FY22Q1営業キャッシュフローは、$25.11B

FY22Q1フリーキャッシュフローは、$15.32B

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

売上高総利益

売上高総利益率

営業利益

営業利益率

純利益

純利益率

Non GAAP EPS

EPS成長率

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローマージン

投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローマージン

アルファベット【GOOGL】【GOOG】決算に対するコメント

File:Alphabet Inc Logo 2015.svg - Wikimedia Commons

高い成長性と利益率を維持しています。

アルファベットの売上高の大部分は、Google検索によるものです。

Google検索の成長率は+24%、全体の営業利益率は29.5%と収益性の高いビジネスです。

ロシア事業の大部分を停止しましたが、大きな影響はありませんでした。

2021年にロシアから発生したGoogle収益は約1%しかありません。

戦争の開始に伴い、幅広い業界で広告の一時的な中断と減少があった程度です。

広告事業の利益を、他のビジネスを成長する投資に回しています。

来年、オフィススペースとデータセンターに95億ドルの投資をする予定です。

過去2年間で研究開発に、400億ドルを費やしました。

サイバーセキュリティに注力するためマンディアント(MNDT)を買収しました。

Googleクラウドは、前年比44%成長しており、売上高の9%を占めるようになりました。

Googleクラウドは、まだ利益を生んでいませんが、

前年同期の営業利益率が-24.1%だったのに対して、今期は-16.0%と、黒字化に向かっています。

TikTokとの競争や、景気減速による広告需要の減少が懸念されています。

TikTokの対抗策であるYouTube Shortsの1日あたりの平均視聴回数が300億回を超え、1年前の4倍以上になりました。

現段階で、YouTube Shortsは収益化テストをしており、YouTube全体の収益性は低下しています。

しかし、バリュエーション的には、魅力的な水準になってきました。

GOOG予想PER21.0倍
GOOG過去5年平均PER32.9倍
S&P500予想PER18.1倍

アルファベットは、新たに700億ドルの自社株買いプログラムを発表しています。

アルファベットのコアビジネスは収益性が高く、GoogleCloudは急速に成長しています。自社株買いとバリュエーションを考慮すると魅力的な水準だと考えます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

最近、書いた決算レポートがこちら♪

公式LINEアカウント!

モモの株式投資を、より便利にご利用いただくために、LINEアカウントを開設しました。
LINEでは、記事の更新情報を確認したり、LINE限定記事を受け取ることができます。