個別銘柄

テスラ【TSLA】2021年度第4四半期の生産台数と納車台数を発表!決算に向けて業績も確認!






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

テスラが、1月2日に2021年Q4の生産台数と納車台数を発表しました。

モエ

早起きして、ツイート♪

ベットの上で納車台数を確認した瞬間、飛び起きました!

素晴らしい内容だったので、ブログ記事で詳細をまとめます。

1月22日の決算発表も楽しみ。

1/22決算の予習として、2021年Q3までの業績をまとめました。

それでは、見ていきましょー!








テスラ【TSLA】2021年度第4四半期の生産台数と納車台数

アナリスト予想を大きく上回る!

今回の納車台数を予想できた人は、ほとんどいないでしょう。

Q4納車台数のアナリスト予想は267,000台でしたが、結果は308,600台でした。

2021年Q1~Q4納車台数のアナリスト予想は897,000台でしたが、結果は936,172台でした。

プレリリースをもとに生産台数と納車台数をまとめました。

FY21Q4 生産台数

  • Model S/X:13,109台(-19% Y/Y)
  • Model 3/Y:292,731台(+79% Y/Y)
  • 合計:305,840台(+70% Y/Y)

FY21Q4 納車台数

  • Model S/X:11,750台(-38% Y/Y)
  • Model 3/Y:296,850台(+84% Y/Y)
  • 合計:308,600台(+71% Y/Y)

FY21Q1~Q4 生産台数

  • Model S/X:24,390台(-55% Y/Y)
  • Model 3/Y:906,032台(+99% Y/Y)
  • 合計:930,422台(+83% Y/Y)

FY21Q1~Q4 納車台数

  • Model S/X:24,964台(-56% Y/Y)
  • Model 3/Y:911,208台(+106% Y/Y)
  • 合計:936,172台(+87% Y/Y)

過去4年間の生産・納車台数の実績をグラフにしました。

生産台数推移

生産台数(前年同期比)

納車台数推移

納車台数(前年同期比)

半導体不足を感じさせない、素晴らし過ぎる納車台数を発表しました。

2021年度第4四半期決算に向けて予習

1月22日に2021年Q4決算を発表する予定です。

過去の業績を確認

2021年Q3まで約3年分の業績がこちら。

売上高

売上高成長率

粗利益

粗利益率

営業利益

営業利益率

当期純利益

当期純利益率

GAAP EPS

Non GAAP EPS

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフロー・マージン

投資キャッシュフロー

財務キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフロー・マージン

EBITDA

EBITDAマージン

アナリスト予想を確認

今回の納車台数の発表を受けて、予想を引き上げると思いますが、現時点のアナリスト予想がこちら。

FY21Q4アナリスト予想

  • EPS:$1.94
  • 売上高:$15.11B
  • 売上高成長率:+40.6% Y/Y

コメント

次回の決算は、マージンの拡大に期待♪

テスラは、主力地域のアメリカや中国で、何度も値上げをしています。

値上げにより営業利益率やキャッシュフローマージンがどの程度、上昇しているか確認するのが楽しみです。

イーロン・マスクの10b5-1での売却は終わった♪

さらに売却する可能性は0ではありませんが、

11月から約2ヶ月続いた株式売却がやっと終わりました。

短期的には需給が改善されますし、Q4納車台数が株価に与えるインパクトは大きいものになると思います。

また、今回の売却を考慮してもイーロン・マスクほど、自社の株式を保有し、支配権を持っている経営者は他にいません。

たまに驚きの発言をすることもありますが、イーロン・マスクの先見性には素晴らしいものがあります。

再生可能エネルギー、エネルギー貯蓄、商用トラック、自動運転など、創業当初からのビジョンは、まだ道半ば。

長期的に期待している銘柄です。

今回の納車台数の発表は、とても驚きました!長期的に期待してますが、短期でも株価が上がると嬉しいものです。とりあえず1月3日のアメリカ株式市場に期待します♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

当ブログでは、主にアメリカ企業の決算レポートや銘柄分析をしています♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。