米国株

2022年1月の注目している決算発表

モモ

楽しみにしていた決算発表の時期になりました!

モエ

投資している会社や、投資を検討している会社の業績やビジネスを理解することは、かなり重要。

注目ポイントについても書きました。

それでは見ていきましょー!

2022年1月 注目決算

1月13日(木)

台湾セミコンダクター(TSM)

1月19日(水)

ASMLホールディング(ASML)

1月20日(木)

インテュイティヴ・サージカル(ISRG)

ネットフリックス(NFLX)

1月24日(月)

ラムリサーチ(LRCX)

1月25日(火)

アップル(AAPL)

1月26日(水)

サービスナウ(NOW)

テスラ(TSLA)

1月27日(木)

アドバンス・マイクロ・デバイシズ(AMD)

アトラシアン(TEAM)

ダナハー(DHR)

マスターカード(MA)

マイクロソフト(MSFT)

1月30日(日)

アマゾン(AMZN)

1月31日(月)

ペイパル(PYPL)

決算注目ポイント

半導体の需要の高さが、どの程度継続するか注目。

半導体関連の台湾セミコンダクター、ラムリサーチ、ASMLの決算発表が最初にあります。

半導体需要が、どの程度強いか、どれくらい持続するか判断材料となります。

個別の事情では、ASMLの工場で火災が発生しており、どの程度の状況か確認が必要です。

Apple、Amazon、Microsoftなど巨大テック企業の決算が下旬に集中。

巨大テック企業は、あらゆるテクノロジーに関連しています。

そのため、これらの会社が良くなければ、今後の好決算は期待しにくいと考えています。

また、メタバース関連の発表が、どの程度あるか注目しています。

メタバース投資には、巨額の資金が必要です。Facebook以外の企業が参入しなければ、Facebookの一人勝ちとなる可能性が高いです。

注目企業については1社でも多く、決算レポートを書けたらと思っています。

公式LINEアカウント!

モモの株式投資を、より便利にご利用いただくために、LINEアカウントを開設しました。
LINEでは、記事の更新情報を確認したり、LINE限定記事を受け取ることができます。