個別銘柄

Airbnb【ABNB】2021年度第3四半期決算






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

Airbnbが、11月4日引け後に決算を発表しました。

モエ

Airbnbは、民泊のマーケットプレイスをワールドクラスで展開している会社です。

モモ

わたしも投資していて、期待している会社なので、決算を確認していきます。

モエ

それでは、見ていきましょー!








Airbnb【ABNB】2021年度第3四半期決算を発表!

EPS・売上高・ガイダンス全てOK!

EPS・売上高は、アナリスト予想を大きく上回りました。ガイダンスは、アナリスト予想とほぼ一致。

FY21Q3

  • EPS:1.22$(予想$0.70)
  • 売上高:$2.24B(予想$2.06B)
  • 売上高成長率:+67.2% Y/Y、36% Y/2Y

FY21Q4ガイダンス

  • 売上高:$1.39~1.48B(予想$1.44B)
  • 売上高成長率:+61.8~72.2% Y/Y

売上高と総予約高は、コロナ前の水準を大きく上回りました。

FY21Q3

  • 総予約高 (GBV):$11.9B
  • 総予約高増減率:48% Y/Y、23% Y/2Y
  • 宿泊予約数:79.7M
  • 宿泊予約数増減率:+29% Y/Y、-7% Y/2Y

宿泊予約数がコロナ前の水準を回復しないまま、売上高と総予約高がコロナ前の水準を回復したのは、平均宿泊単価が増加したためです。

トレンドとして、人々がAirbnbで旅行するだけでなく、Airbnbで生活するようになりました。

28日以上の長期滞在は、旅行期間別で最も成長しているカテゴリーです。

財務は健全です。

FY21Q3比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$7.92B7%増
総債務$1.98B19%減

FY21Q3営業キャッシュフローは、$523M

FY21Q3フリーキャッシュフローは、$518M

ブライアン・チェスキーCEOのコメントがこちら。

私たちのホストが当四半期に128億ドルという記録的な収益を上げました。

パンデミックが続いているにも関わらず、旅行の需要は力強さを増しています。

北米と欧州は引き続き好調で、中南米ではキャンセルが増加したものの加速しています。

アジア太平洋地域を除き、全世界の宿泊予約数は、2019年の水準を上回りました。

しかし、旅行需要の回復よりも大きなことが起きています。

それは、私たちの生活や仕事の仕方に革命が起きているということです。

Zoomテクノロジーを使い、家で仕事ができるようになりました。

Airbnbは、どんな家でも仕事ができるようにしてくれます。

この新しい柔軟性は、旅行方法にも革命をもたらしています。

なぜなら、何百万人の人々が、いつでも、どこでも、どんな期間でも旅行できるようになり、どこにでも住むことができるようになったからです。

そして、この柔軟性を求める傾向は、さらに加速すると考えています。

Brian Chesky CEO

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

粗利益

粗利益率

調整後EBITDA

調整後EBITDAマージン

EPS(Non-GAAP)

Airbnb【ABNB】決算に対するコメント

Le phénomène Airbnb - Schneider Legal

外部環境は悪い状態でしたが、Airbnbにとって最高の四半期となり、素晴らしい決算でした。

Q3は、デルタ変異株、アメリカの渡航禁止令の影響を受けているはずですが、

Airbnbのプラットフォーム上で、7,970万件もの旅行が予約され、総予約高は、コロナ前の水準を大きく上回りました。

その結果、当期純利益は前年比280%増加し、EPS$1.22でアナリスト予想を$0.52も上回り、市場を驚かせました。

決算発表後の取引で株価は、約13%も上昇しています。

Airbnbの時価総額は$126.7Bで、大きく、直近12カ月売上高の23.8倍で取引されています。

一見、高く感じますが、Q4と2022年度の業績見通しを考えれば、決算後の株価上昇も正当化されます。

人々は、ワクチン摂取が進み、徐々に通常の生活を取り戻している状況です。

アメリカでは、11月8日に渡航禁止令が解除となり、国を跨いだ旅行ができるようになります。

世界観光機関(UNWTO)は、2020年の海外旅行市場の損失額を、1兆3,000億ドルと試算しており、今後は戻り需要が期待されます。

旅行は数兆ドルの市場規模があり、Airbnbは、旅行業界に最も大きな革命をもたらした会社です。

Airbnbは、巨大なアドレス可能な市場で、今後も業績を大きく成長させると予想しています。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

最近書いた決算記事がこちら♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。