米国株

【2022年】Glassdoor 最高の職場ランキング

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、求人口コミサイトGlassdoorが毎年発表している最高の職場ランキングについてです。

Glassdoor職場ランキングを確認するのは、重要なことなの?

わたしは、投資をする際に、Glassdoorの評価を必ず確認しています。

今回の記事では、Glassdoor最高の職場ランキングが重要な理由を書きました。また、2022年のGlassdoorランキングをまとめています。

それでは、見ていきましょー!

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

Glassdoor最高の職場ランキングが重要な理由

投資をするうえで、労使関係を確認すること、意欲的な従業員が働く企業に投資をすることが重要だと考えています。

これは、わたしが考え出した投資法ではなく、多くの著名投資家が重視しているファクターです。

例えば、バフェットが尊敬しているフィリップ・フィッシャーも、『株式投資で普通でない利益を得る』の中で、以下のように述べています。

投資家の多くは、良好な労使関係がもたらすメリットをあまりよく理解していない。

しかし、険悪な労使関係がもたらす悪影響には多くの人が気づいている。

長いストライキが頻繁に起これば、それが生産に与える影響は財務諸表に現れるからだ。

良好な労使関係を維持している会社と、労使関係が良くない会社の利益率の差は、ストライキの直接的なコストよりもはるかに大きくなる。

労働者が公平な扱いを受けていると感じていることは、効率的な指導によって各労働者の生産性を上げるための下地となる。

それに、新しい労働者を訓練するには、かなりのコストがかかる。

労働者の転職率が異常に高い会社は、うまく管理している会社よりも不要な経費が多くかかっているのである。

フィリップ・フィッシャー

わたしも多くの会社を見てきました。その中で、長期的に高いパフォーマンスを維持している会社には、素晴らしい企業文化があることに気づきました。

Glassdoorのデータは、素晴らしい企業文化を持っている会社を見つける手掛かりになるのです。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

2022年 Glassdoor 最高の職場ランキング

Glassdoor最高の職場ランキングを、まとめました。

下の表は、2022年Glassdoor最高の職場ランキングから上場企業のみを抽出しています。

RankCompany
1Nvidia
2HubSpot
5Box
7Google
9Lululemon
10Salesforce
11Royal Caribbean Group
13Five9
14Twilio
16Adobe
17Akamai
18Delta Air Lines
20Rivian
21Autodesk
23ServiceNow
27DocuSign
28Microsoft
29Intuitive Surgical
30Southwest Airlines
36Block
38Zscaler
42SAP
43Zendesk
45Appfolio
46Merck
47Meta
52Boston Scientific
54Zillow
55eBay
56Apple
57Texas Instruments
60Qualtrics
61First Republic Bank
64AMD
67Atlassian
68Forrester
69CDW
71Visa Inc.
72SailPoint Technologies
73Capital One
74Roche
75Johnson & Johnson
76Workday
78Estée Lauder Companies
81Cisco Systems
83Medtronic
85VMware
87Qualcomm
89Exact Sciences
91Procore Technologies
92Intel Corporation
93Costco Wholesale
94Pfizer
99RE/MAX
100Zoom Video Communications

知らない会社も、いくつかあったので、分析してみたいと思います。

また、時間があれば2021年以前のランキングや株価との関係などについても確認して記事にしたいと思います。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

グロース株投資家として有名なフィリップ・フィッシャーの書籍がこちら♪

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。