米国株

アクセンチュア【ACN】2022年度第3四半期決算

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

アクセンチュアが、6月23日プレマーケットで決算を発表しました。

モエ

アクセンチュアは、大手コンサルティング会社です。120カ国以上で事業を展開しています。

モモ

ITのコンサルティングやアウトソーシングに強みを持っています。テクノロジーの進歩と世界で進む企業のDXが、アクセンチュアの成長につながります。

モモ

財務的にも、効率的に成長していて、強固なバランスシートを保有しています。

モエ

しかし、株価は、年初来で26%、高値から28%も下落しています。

モモ

バリュエーションが下がってきたので、決算を確認します。

モエ

それでは、見ていきましょー♪

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

ブログ記事:【特別レポート】永久に持っておきたい高配当米国株6銘柄!Oxfordインカム・レターが無料公開!

アクセンチュア【ACN】2022年度第3四半期決算

EPSがアナリスト予想を下回り、売上高はアナリスト予想を上回りました。

FY22Q3結果

  • EPS:$2.79(予想$2.83)
  • 売上高:$16.16B(予想$15.96B)
  • 売上高成長率:+21.9% Y/Y

為替の影響で、EPSガイダンスは下方修正されました。

FY22Q4ガイダンス

  • 売上高:$15.0~15.5B(従来$15.7~16.15B)
  • 売上高成長率:+20~24% Y/Y(現地通貨ベース)

FY22通期ガイダンス

  • 売上高成長率(現地通貨ベース):+25.5~26.5% Y/Y(従来24.0~26.0%)
  • 営業利益率:15.2%(従来と同じ)
  • 実効税率23.5~24.5%
  • EPS:$10.61~10.70(従来$10.61~10.81)
  • 営業キャッシュフロー:$8.7~9.2B(従来と同じ)
  • フリーキャッシュフロー:$8.0~8.5B(従来と同じ)
  • 株主還元:$6.5B
  • 有形固定資産増加:$0.7B

新規の予約は、2番目に大きい水準でした。

FY22Q3結果

  • 新規予約:$17.0B
  • 新規予約成長率(米ドル):+10% Y/Y
  • 新規予約成長率(現地通貨):+15% Y/Y

バランスシート一部抜粋。

FY22Q3比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$6,708M1.8%増
総債務$3,489M-1.9%減

Q3営業キャッシュフロー:$3,065M

Q3フリーキャッシュフロー:$2,870M

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

売上高総利益

売上高総利益率

営業利益

営業利益率

純利益

純利益率

Non GAAP EPS

Non GAAP EPS成長率

営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローマージン

投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローマージン

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

アクセンチュア【ACN】決算に対するコメント

為替や金利上昇などアクセンチュアの株価に逆風です。

今回の決算は、高い成長を維持していたものの、米ドル高の影響を受け、良い内容ではありませんでした。

また、金利が上昇する局面では、アクセンチュアのように市場から高い評価を得ている会社は、売られやすくなります。

こちらが、アクセンチュアのPER。

過去5年平均28.6倍
過去10年平均23.4倍
FY22ガイダンス28.1倍
アナリスト予想28.0倍

S&P500の予想PERは15.8倍。市場平均や過去のPERと比べて安い銘柄ではありません。

しかし、とても魅力的なビジネスと財務を保有している会社です。

広く深くサービスを提供して市場シェアを高めています。

アクセンチュアは、699,000人もの従業員が、120カ国で、サービスを提供しています。

業界については、金融、ヘルスケア、通信、エネルギーなど幅広い顧客にサービスを提供できます。

また、受注した仕事を外部に再委託せずに自社の従業員がこなします。

外部に再委託しないことにより、高い利益率を実現しています。

競合と比べて、幅広い地域、業界に、ワンストップでサービス提供できるのが、アクセンチュアの強みです。

インターブランドの「Best Global Brands 2021」で32位にランクインしました。

アクセンチュアのビジネスや財務は、景気後退への耐性があります。

アクセンチュアの顧客のほとんどは大企業で、フォーチュングローバル500企業の4分の3以上にサービス提供しています。

大企業は、中小企業と比べて、不況に強いという特徴があります。

債務や支払利息の割合は、とても小さく、強固なバランスシートを保有しています。

アクセンチュアは、積極的な企業買収で事業を拡大しています。

バランスシートが健全な企業にとって、景気後退は、企業買収のチャンスでもあります。

潤沢なキャッシュフローを株主に還元しています。

アクセンチュアは、Q3に29億ドルのフリーキャッシュフローを創出しました。

そのうち、9.7億ドルを自社株買い、6.1億ドルを配当というかたちで株主に還元しています。

配当は、2021年度と比べて10%増配しています。

今回の決算で、今後も積極的な株主還元を継続することを発表しています。

現在の自社株買い利回りは1.7%、予想配当利回りは1.3%です。

クラウド、サイバーセキュリティ、メタバースなどあらゆるITの進歩、企業のDXがアクセンチュアの成長につながります。素晴らしいビジネスと財務を保有しており、長期保有できるハイテク株として注目しています。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

最近、書いた決算レポートがこちら♪

https://momo0214.com/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%90msft%e3%80%912022%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e7%ac%ac3%e5%9b%9b%e5%8d%8a%e6%9c%9f%e6%b1%ba%e7%ae%97/
モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

高配当株が好きな投資家向け。レポートには、わたしの知らない会社も含まれていて、とても参考になりました。

高配当株レポートの紹介

Oxford Clubは、高配当株の投資情報を提供しています。

今なら特別レポート「永久に持っておきたい6つの高配当株」を無料で読むことができます。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」では、小型グロース株投資での大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。