個別銘柄

エッツィ【ETSY】2021年度第3四半期決算






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

エッツィが、11月3日引け後に決算を発表しました。

モエ

エッツィは、Eコマースプラットフォームをワールドクラスで展開している会社です。

モモ

Etsy.comでは、世界中から集められたハンドメイド、ビンテージ、クラフト用品を購入することができます。

モモ

エッツィは、ユニークなEコマース企業で、オンリーワンのサービスを提供しています。

モモ

わたしも投資していて、期待している会社なので、決算を確認していきます。

モエ

それでは、見ていきましょー!








エッツィ【ETSY】2021年度第3四半期決算を発表!

EPS・売上高はOK!ガイダンスをMiss

EPSと売上高は市場予想を上回ったものの、ガイダンスは市場予想を下回り、良い決算とは言えません。

FY21Q3

  • EPS:$0.62(予想$0.55)
  • 売上高:$532.43M(予想$519.14M)
  • 売上高成長率:+17.9% Y/Y

FY21Q4ガイダンス

  • 売上高:$660~690M(予想$693.74M)
  • 売上高成長率:+6.9~11.8% Y/Y

バイヤー数は横ばいだったものの、1バイヤーあたりのGMS(取扱高)が増加。

  • 2021年度Q3のGMS成長率は前年同期比+17%
  • 2021年度Q3のマスク製品を除くEtsy MarketplaceでのGMS成長率は前年同期比+24%
  • アクティブ・バイヤー数は、前四半期と比べ0.2M減少
  • 常習的なバイヤー数(過去12カ月で購入日数6日以上、$200以上支払ったバイヤー数)は、0.1M増加
  • 2021年度Q3アクティブ・バイヤ一1人あたりGMSは、$132
  • 2021年度Q3アクティブ・バイヤ一1人あたりGMSは、前年同期比+20%増加

広告事業が好調。DelopとElo7を買収してもテイクレート(プラットフォームの収益性)は高い水準を維持。

  • Etsy Adsが売上高の成長を牽引しました。
  • 今期からDepopとElo7の売上高が加算されています。
  • アメリカ以外の地域で獲得したGMSは、42%(前年同期は35%)
  • 連結テイクレートは、17.1%。前年同期と比べ横ばいを維持。
  • DepopとElo7のテイクレートは、Etsyマーケットプレイスと比較して低いテイクレートです。

M&Aにより財務は悪化したものの、エッツィにとって無理のない範囲の買収だった。

FY21Q3比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$817M67%減
総債務$2,274M2%減

FY21Q1~Q3営業キャッシュフローは、$361.1M

FY21Q1~Q3営業キャッシュフロー・マージンは、22.4%

CEOのコメントがこちら。

第3四半期は、素晴らしい結果となりました。

これは、パンデミック中に、エッツィを使い始めたユーザー、価値を再発見したユーザーが、エッツィを使い続けていることを示しています。

パンデミック中にエッツイを使い始めたバイヤーは、過去の世代のバイヤーよりも優れたパフォーマンスを示しています。

新しいブランドであるDEPOPとElo7の統合も順調に進んでいます。

Josh Silverman CEO

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

粗利益

粗利益率

調整後EBITDA

調整後EBITDAマージン

EPS(Non-GAAP)

EPS成長率(Non-GAAP)

エッツィ【ETSY】決算に対するコメント

ガイダンスは弱かったが、エッツィへの投資を継続する。

新型コロナのワクチンが普及したことにより、人々に選択肢が広がり、Eコマース企業にとっては逆風となりました。

エッツィの決算は、パーフェクトとは言えませんが、

サービスは改善を続け、ユーザーはエッツィを使い続けています。

エッツィの研究開発に力を入れている点を評価しています。

ユーザビリティを向上するために、製品開発に投じる資金は増加しています。

エッツイのアプリは、インプレッションとコンバージョンともに増加しています。

配達予定日を過ぎる配送は、今年の始めと比べ50%少なくなりました。

Depopの買収とElo7の買収は、成功すると信じている。

Depopはイギリス、Eloはブラジルを拠点としており、この買収が成功すれば、エッツィは世界的に大きな影響力を持ちます。

エッツィは、過去にReverbの買収を成功させており、

ジョシュ・シルバーマンCEOはSkypeを世界的に成功させた実績があります。

アドレス可能な市場は、広大で拡大し続けている。

エッツィのアドレス可能な市場は広大で、市場シェアの1%しか獲得していません。

短期的にEコマースは逆風ですが、

長期的Eコマースの成長を疑う人はいないでしょう。

また、エッツィはギグエコノミー拡大の恩恵を受けることができます。

エッツィは、ユニークなEコマースサイトで、Amazonやメルカドリブレ、シーリミテッドなどと差別化されており、オンリーワンのサービスです。

クリエイターはエッツィのサービスを愛しており、今後も市場シェアを拡大すると予想しています。

エッツィは、長期的に投資妙味を感じている銘柄です♪

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

最近書いた決算記事がこちら♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。