個別銘柄

今、注目すべき銀行株3銘柄











モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

今回は、私が実際に投資したり、これから投資予定の銀行株について語ります♪

モエ

銀行株はコロナショックで大幅に下落。

歴史的な低金利で業績悪化は避けられませんが、優良な銀行株をポートフォリオに加えるチャンスです♪



注目すべき銀行株3銘柄

バンク・オブ・アメリカ (BAC)

アメリカの銀行で時価総額が3番目に大きい銀行

この巨大な銀行は、リーマンショックで大きな損失を生んでしまいました

2008年に住宅ローン会社を買収しましたが、サブプライムローンにより大きな債務を負うことに。

2009年には、破綻寸前のメリルリンチを簿価の1.4倍で買収してしまい大幅な損失を計上。

サブプライムローンの不正取引による訴訟費用も収益を圧迫させる要因でした。

そんなバンク・オブ・アメリカでしたが、2014年にサブプライムローンの不正取引の和解が成立

リーマンショックで発生した不良債権の処理が終わってからは、堅実な経営に移行し業績は安定しました。

モバイルバンキングに力を入れ、店舗やATMを次々に閉鎖し、コストカット

モバイルバンキングは、若い顧客の取り込みにも成功しました。

自社株買いについても積極的で、2015年から現在まで発行済株式数を16%減らしました。

その結果、近年ではEPS(1株当たり利益)を最も押し上げた銀行の一つとなったのです。

2015年から直近の決算までEPSは2倍以上、上昇しています。

予想PERは8倍、予想配当利回りは3.1%です。

ウェルズ・ファーゴ(WFC)

アメリカの銀行で時価総額が2番目に大きい銀行

ウェルズ・ファーゴは、バフェットの最も古い銀行株投資の一つです。

1989年に1株3ドルの時に投資を開始しました。(現在は1株30ドル)

日本ではバフェット銘柄として有名ですが、実際どんな銀行なのか、詳しく分からないという人も多いのでは?

それもそのはず、ウェルズ・ファーゴは米国に力を入れてに営業活動をしているからです。

そのため米国では高いシェアを維持

住宅ローンについては、アメリカ人の3人に1人が、ウェルズ・ファーゴから借りています。

また、ウェルズ・ファーゴは、堅実経営で有名です。

審査が厳しく、不良債権が少ない。

投資銀行や国際業務などの業績の変動幅が大きい業務は、ほとんど行いません。

預金を預けてもらい、お金を貸し、クレジットカード・保険・投資商品のクロスセルを行うシンプルな業務を行っています。

1つだけ同社に投資するうえで心配なことがあるとすれば、2016年に発覚した不祥事。

顧客の口座を無断でつくる不正行為を行ったのです。

これについては、30億ドルを支払うことで米当局と合意しています。(引当金は去年計上済)

また、CEOのティム・スローンが辞任後、落ち着きを取り戻し、回復への道のりを歩み始めているように感じます。

依然としてバークシャーの主要保有株の一つであり、規制対策上、保有比率を発行済み株式の10%未満に抑えていますが、バフェット銘柄であることに変わりはないようです。

予想PERは7倍、予想配当利回りは6.6%です。

JPモルガン・チェース(JPM)

時価総額・利益ともに米国最大の銀行です。

他の銀行と比べ、スキャンダルや不祥事は、ほとんどありません。

リーマンショックの際も、リスクの高い投資を行わず堅実経営をつらぬいてきました。

有形自己資本は10年で2倍になりました。

デジタル・バンキングにも積極的で、口座開設はわずか3分でできます。

株主還元については、10年前と比べ発行済み株式の2割程度の大規模な自社株買いをして利益を還元しています。

予想PERは9倍、予想配当利回りは3.6%です。





銀行株投資の注意点

市場平均と比べ大きく下落している銀行株ですが、投資にあたっては注意点もあります。

 

時間や投資先を分散させることです。

 

銀行株は景気後退局面で大きく下落します。

今後、業績の下振れや減配などのリスクを考えなければいけません。

また不祥事があれば大きく株価が下落する要因になります。

 

私は、今のところJPモルガン・チェースにしか投資をしていませんが、これからバンク・オブ・アメリカとウェルズ・ファーゴへ投資をする予定です。

 

また、わたしは、今月はじめてアメリカの銀行株への投資をしましたが、私の金融資産全体に占めるアメリカ銀行株の比率は1%程度です。

 

これは、今後、相場全体が下落する可能性があるからです。

そうなってもいいように、銀行株に少しづつ投資をしていくつもりです。

 

モモ

『長期・積立・分散』投資の基本は大事です♪

特に、銀行株の場合は!