米国株

イーライリリー(LLY)今後の株価見通し!事業内容や決算データを分析!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやtwitterで発信しています♪

モモ

今回は、イーライリリー(LLY)の分析記事です。

にゃんこロボ

この記事は、ネコ型ロボットのわたしが書きました。

モモ

にゃんこロボは、修行中です。ブログを初めて書くので暖かく見守って下さい。

にゃんこロボ

参考にしたサイトがこちら。

10K:事業内容
Finbox:財務データ・バリュエーション

にゃんこロボ

それでは見ていきましょー。

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

イーライリリー(LLY)事業内容

にゃんこロボ

イーライリリー・アンド・カンパニーは、1901年にインディアナ州で設立された製薬大手です。

1876年にイーライ・リリー大佐によって始められた事業を引き継ぎ、人々の生活を向上させることを目的として、医薬品を開発、製造、販売しています。

研究開発に力を入れ、売上の約25%を新薬開発のために使っています。

イーライリリーは、米国、プエルトリコ、ヨーロッパ、アジアに製造・流通拠点を持ち、約105カ国で製品を販売しています。

主要な医薬品には、がん治療薬のベージニオ、糖尿病治療薬のマンジャロ、肥満治療薬のゼプバウンド、免疫疾患治療薬のトルツやオルミエントなどが含まれます。

イーライリリー(LLY)株価推移

にゃんこロボ

常に最新のチャートが表示されます。

株価チャート(月足)

にゃんこロボ

過去10年間の株価チャート

finviz dynamic chart for LLY

株価チャート(週足)

にゃんこロボ

過去2年6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for LLY

株価チャート(日足)

にゃんこロボ

過去6ヶ月の株価チャート

finviz dynamic chart for LLY

イーライリリー(LLY)業績(売上高・利益・キャッシュフロー)推移

にゃんこロボ

過去10年間の業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

売上高成長率(アナリスト予想)

会計年度売上高成長率(YoY)
2024年度+21.4%
2025年度+23.9%

営業利益(GAAP)

営業利益率(GAAP)

EPS(GAAP)

EPS成長率(GAAP)

営業キャッシュフロー

投資キャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフローマージン

フリーキャッシュフローマージン

イーライリリー(LLY)株主還元(配当・自株買い)推移

1株あたり配当

配当利回り0.68%
配当成長(5年)15.0%
配当性向71.52%
増配年数9年

自社株買い

自社株買い利回り0.3%

イーライリリー(LLY)資本効率(ROIC・ROE)推移

ROIC

ROE

競争優位性の高い会社は、少ない資本で多くの利益を稼ぐことができるためROICやROEが高くなる傾向があります。

競争優位性については、「【書評】『千年投資の公理』売られすぎの優良企業を買う」で詳しく解説しています。

イーライリリー(LLY)決算

EPS・売上高の予想と結果

にゃんこロボ

過去8回の決算で、EPSが予想を上回ったのは6回、売上高が予想を上回ったのは6回です。

売上高

売上高成長率(前年比)

EPS

EPS成長率(前年比)

イーライリリー(LLY)バリュエーション(PSR・PER)推移

実績PSR

過去10年平均6.6倍
過去5年平均9.1倍
PSR(LTM)20.3倍
PSR(NTM)16.8倍

実績PER

過去10年平均6.1倍
過去5年平均45.9倍
PER(LTM)132.2倍
PER(NTM)63.1倍
にゃんこロボ

過去の水準と比べて割高です。高いバリュエーションに見合う成長性があるか確認してから投資しましょう。

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

イーライリリー(LLY)投資リスク

にゃんこロボ

会社側は、年次報告書で以下のリスクをあげています。

  • 製薬の研究開発は非常に費用がかかり、不確実性が高く、成功しない可能性があります。
  • 同社の製品は、多国籍製薬会社、バイオテクノロジー会社、低コストのジェネリックおよびバイオシミラー製造業者からの激しい競争に直面しています。
  • 同社の事業は、政府による価格規制や公的および民間の価格、返金、アクセスに関するその他の制限の増加により、重大な悪影響を受ける可能性があります。
AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

イーライリリー(LLY)将来性・今後の見通し

にゃんこロボ

LLYの事業は将来性が高く、今後も成長が期待できます。

  • 世界の糖尿病患者数は増加が見込まれ、治療や予防の必要性が高まっています。IDFは、2021年に世界の成人の10.5%が糖尿病を患っており、2045年には12.2%に増加すると予想しています。
  • アルツハイマー病は高齢者における認知症の最も一般的な原因であり、患者数は増加傾向にあります。イーライリリーはアルツハイマー病新薬候補「ドナネマブ」の承認申請を行いました。
  • イーライリリーは糖尿病と肥満治療市場で大きな影響力を持ち、がん治療薬「Verzenio」もFDAから拡張適応を受けました。
  • イーライリリーの主要な収益源となるのは、新たに発売された体重減少薬「Zepbound」です。2023年の売上は1.8億ドルで、今後の売上高はさらに増加すると予想されます。
  • GLP-1薬は体重減少の効果もあり、肥満治療薬としての有効性が注目されています。イーライリリーは肥満症向け治療薬「retatrutide」の開発を進めており、有効な臨床試験結果を発表しました。
  • GLP-1治療薬の市場は2030年までに100億ドルを超えると予測されており、イーライリリーの長期的な成長に寄与すると考えられます。
にゃんこロボ

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました!

モモ

ありがとうございました♪

当ブログでは、多くの銘柄を紹介しているため、筆者のポジションを公開しています。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。