個別銘柄

アップル【AAPL】2021年度第4四半期決算






モモ(@momoblog0214 )です!

いつもブログを読んでいただいて
ありがとうございます(⁎^ᴗ^⁎)/







モモ

アップルが、10月28日引け後に決算発表をしました。

モエ

アップルは、サービス部門が好調で、5G関連銘柄でもあるため株式市場から注目されています。

モモ

わたしも投資していて、期待している銘柄なので、決算を確認します。

モエ

それでは、見ていきましょー!








アップル【AAPL】2021年度第4四半期決算を発表!

Appleのイベント - 2021年9月 - Apple(日本)

EPSはOK、売上高をMiss

売上高が予想に届かず、良い決算とは言えません。

FY21Q4

  • EPS:$1.24(予想$1.24)
  • 売上高: $83.36B(予想$84.85B)
  • 売上高成長率:+28.9% Y/Y

iPhoneの売上高が市場予想を大幅に下回りました。サービス部門の売上高は市場予想を上回りました。

FY21Q4部門別売上高

  • iPhone:+47%Y/Y $38.87B(予想$41.6B)
  • Mac:+1.6%Y/Y $9.18B(予想$9.31B)
  • iPad:+21%Y/Y $8.25B(予想$7.16B)
  • サービス:+26%Y/Y $18.28B(予想$17.57B)
  • ウェアラブル・ホーム・アクセサリー:+12%Y/Y $8.79B(予想$9.28B)

iPhoneの売上高成長率が高く見えますが、去年のiPhone発売が新型コロナの影響でズレたためです。

FY21Q4売上高に占めるiPhone売上高比率は、46.6%

FY21Q4売上高に占めるサービス売上高比率は、21.9%

アップルの財務は健全で、今後も大規模な株主還元が期待されます。

FY22Q1比較(Q/Q)
現金&
短期有価証券
$62.6B1.5%増
総債務$124.7B8.0%減

直近12カ月間の営業キャッシュフローは、$104.0B

直近12カ月間の自社株買いは、$86.0B

直近12カ月間の配当の支払いは、$14.5B

経営陣のコメントがこちら。

今年は、M1を搭載したMacからiPhone13のラインアップまで、これまでで最もパワフルな製品を発売しました。

2030年の目標である”サプライチェーン全体、製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現する”という目標に近づき、より公平な未来を築くという使命を果たすために、私たちの価値観をすべての製品に注ぎ込んでいます。

Tim Cook CEO

今四半期の記録的な業績は、マクロ環境の不確実性が続く中、すべての地域セグメントおよび製品カテゴリーで売上高の新記録を樹立し、二桁台の力強い成長を遂げた目覚しい会計年度の締めくくりとなりました。

記録的な販売実績、卓越した顧客ロイヤルティ、エコシステムの強さにより、アクティブなデバイスのインストール数は過去最高を更新しました。

今四半期には、240億ドル以上を株主還元しました。

長期的にネット・キャッシュ・ニュートラルを実現するという目標に向けて前進を続けています。

Luca Maestri CFO

業績をグラフにしました。

売上高

売上高成長率

粗利益

粗利益率

EPS(Non-GAAP)

EPS成長率(Non-GAAP)

アップル【AAPL】決算に対するコメント

Apple - Home | Facebook

年内は、サプライチェーン問題によりアップルの業績が押し下げられる見通し。

新型コロナからの経済再開により、半導体不足・資源価格の高騰・労働力不足・サプライチェーンの滞りが問題となっています。

それらは、アップルの製品に、悪い影響を与え、現在でも問題は解決していません。

決算ミスしたものの、業績への影響は明らかに一時的。

ティムクックCEOは、Earnings Callで「2021年の残りの期間もサプライチェーンの問題は続くと見ているが、需要は依然として非常に強い。」と強調しました。

サプライチェーン問題は、多くの企業が直面している問題です。

今回の決算では、サプライチェーンと無縁のサービス売上高が市場予想を上回りました。

そのため、今回の決算で売上高をミスしたのは、需要の問題ではなく、供給の問題が大部分を占めていると判断します。

売上高がライバルに奪われたわけではなく、単に遅れただけで、

アップルのユーザーは、アップルのエコシステムに魅力を感じています。

供給の問題は時間が解決するでしょう。

決算で売上高をミスしたのは、2017年以来、初めてのことでしたが、決算発表の翌日に株価が、それほど大きく下がりませんでした。

ツイートした通りアップルは、長期的に期待している銘柄なので、継続保有する方針です♪

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

最近書いた決算記事がこちら♪

オススメ証券会社TOP3

 

マネックス証券
マネックス証券
米国株の投資情報や取引ツールが最も充実している証券会社!
『銘柄スカウター』は、決算書を読むのが難しいという方でも、視覚的に業績を確認できます。
リアルタイム株価を無料で提供してくれているので米国株投資家には必須の証券会社。
 
IG証券
取り扱い銘柄が豊富な証券会社。
良い投資先を見つけても、投資ができなければ意味がありません。
IG証券で口座開設をすれば、米国株、欧州株を含む12,000もの銘柄を投資対象とすることができます!
 
楽天証券
楽天証券
楽天証券の投信積立サービスがオススメ!
楽天カード決済で投信積立をすることができます。
楽天スーパーポイントを年間で最大6,000ポイントもらうことができます。