米国株

ディア・アンド・カンパニー(DE)今後の株価見通し!事業内容や将来性を分析!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
モモ

モモです。米国株の投資情報を、ブログやTwitterで発信しています♪

モモ

今回は、ディア・アンド・カンパニー(DE)の銘柄分析です。

モエ

ディアは、アメリカのイリノイ州に本社をおく農業機械メーカー。

モモ

テクノロジーを活用して、農業に革命を起こしてきた同社ですが、AIカンパニーとして評価される可能性があります。

モモ

この記事では、株価見通し、事業内容、将来性について詳しく解説します。

モエ

この記事を書くために参考にしたサイトはこちら。

ホームページ:事業内容・将来性
10K:財務データ・投資リスク
Finbox:財務データ・バリュエーション

モエ

それでは、見ていきましょー!

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

ディア・アンド・カンパニー(DE)事業内容と強み

事業内容

モモ

1837年に創業され、180年以上の歴史をもつ会社です。世界最大の農機メーカーとして、業界をリードしています。

創業者のジョン・ディア氏は、もともと鍛冶屋として働いていました。

ディア氏は、1837年に銅鉄製のプラウ(種まき前に土壌を耕す農具)を発明

多くの農家から支持され、1849年には年間2,000本のプラウを生産するまでに成長しました。

それから、2世紀近く経った今、1つの技術革新から成長した会社は、世界を牽引する存在となっています。

北米だけでなく、ヨーロッパ、南米、アジアにも事業を展開しています。

モエ

2023年度の地域別売上高がこちら。

主力ブランドである「ジョン・ディア」は、農業従事者にとって、最も価値のあるブランドとして知られています。

モモ

製品ラインナップは、大規模農業から家庭用ガーデニングまで幅広く対応しています。

ディアの事業内容は、4つのセグメントに分かれています。

  • 生産・精密農業:大規模な農業生産者向け
  • 小型農業・芝生:小規模農業や芝生・庭園用機械
  • 建設・林業:農機だけでなく建機も提供
  • 金融サービス:購入資金のリースオプション
モエ

2023年度の売上高構成比がこちら。

事業構成比
生産・精密農業部門45%
小型農業・芝生23%
建設・林業24%
金融サービス8%
モモ

特に、トラクターはディアの売り上げを支える人気商品です。

モモ

日本では、見ることのない大型トラクターも販売しています。大型になると1台あたりの単価が上がり、競合が少なくなるため、利益率が高まる傾向にあります。

モモ

2023年世界の農機具市場は、1,077億ドルと推定されています。そのうちディアは3割程度のシェアを獲得しており、業界No.1企業です。

強み

モモ

ディアの強みは、広範なディーラーネットワークにあります。

農家にとって収穫時期は、品質、収量、市場価値に直接影響を与えるため重要です。

修理サービスの提供が収穫期の農家にとって極めて重要であることから、このネットワークはディアの大きな競争優位性となっています。

ディアは、北米で最も多い1,500以上のディーラーネットワークを構築しています。

それに対して、最も近い競合であるクボタ(6326)は、約1,200のディーラーネットワークです。その他の競合は、1,000もありません。

ディアの調査によると、米国の農家の約65%が、5年前に比べて利用できる機器販売店が減少したと回答しており、ディーラーの重要性は高まっています。

モモ

ディアと農家は、約100年前の大恐慌やリーマンショックなど不況を、乗り越えてきました。1世紀という時間をかけて築いてきた農家からの信頼が、競合他者に負けない優位性となっています。

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

ディア・アンド・カンパニー(DE)将来性と成長予測

将来性

モモ

世界の人口増加や食糧不足は、同社の業績を押し上げます。

同社CEOのジョン・メイ氏は「2050年までに、地球の人口は100億人を突破すると予測されています。そのためには食料の生産量を50%増やさなければならない。」と述べました。

生産量を増やすためには、テクノロジーの活用が必要不可欠です。

モモ

ディアは、テクノロジーを活用して、市場シェアを獲得してきた実績があります。

同社は、世界最大のテックイベントであるCESに継続して出展しています。

今年1月5日には、初日の基調講演に登壇し、最新のテクノロジー技術について発表しました。

同社は、自動運転マシンラーニングデータアナリティクスデジタルツインを農業に活用しています。

自動運転トラクターには、NVIDIAのGPUを搭載したECUが内蔵され、高速データ処理による画像認識で自動運転を実現しています。

新技術「ExactShot」は種まき時の肥料使用量を60%削減し、コスト削減と環境への影響を減らす。

「See & Spray」技術は、雑草にのみ除草剤を散布し、使用量を大幅に削減する。

今後は、ロボティクスとAIカンパニーとして、さらなる市場シェア拡大が期待できます。

モモ

また、今年に入ってからSpaceXのStarlinkとの提携を発表しました。

これにより、インターネット接続が不足していた地域でも、農機のインターネット接続が可能となります。

同社は、ソフトウェアサービス料金が年間収益の10%を占めることを目指しています。

モモ

Appleが、そうだったように、サービス売上高の増加は、株式市場から高く評価される傾向があります。

成長予測

モモ

テクノロジー活用による市場シェア拡大と世界人口の増加、サービス売上高の増加により、長期的に成長するでしょう。

モモ

短期的には、コモディティ価格低下やFRBの高金利政策により業績は厳しい状況です。

現在、小麦やコーンの価格が下落しており、農家の収入も低下しています。

また、借入で農機を買う農家は、高い金利を支払う必要があります。

これら2つの重荷の両方または一つが改善されれば、売上や利益を押し上げる要因となります。

売上高推移(過去10年)

売上高成長率(YoY)

2024年度予想-13.6%
2025年度予想+0.1%

PSR

過去10年平均1.6倍
過去5年平均2.0倍
過去12ヶ月1.7倍
今後12ヶ月2.2倍

EPS推移(過去10年)

EPS成長率(YoY)

2024年度予想+0.2%
2025年度予想+1.7%

PER

過去10年平均18.1倍
過去5年平均19.4倍
過去12ヶ月10.5倍
今後12ヶ月13.5倍
モモ

現在のバリュエーションに割高感はありません。

ディアは、過去10年間で売上高を2倍、EPSを4倍に増加させました。

これから先の10年間も同程度の成長を予想しています。

また、サービス売上高の増加により、5年から10年後のPERは、25倍の評価を受ける可能性も十分あると考えています。

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

ディア・アンド・カンパニー(DE)銘柄分析まとめ

モモ

長期的に、株価上昇が期待できる銘柄です。

短期的には、コモディティ価格の下落FRBの高金利政策により、厳しい状況が続きます。

しかし、世界シェアNo.1シェアを獲得しており、参入障壁の高いビジネスを安く買う好機だと考えています。

長期的には、世界人口の増加による食糧需要の高まり技術革新でさらなる市場シェアの拡大が期待されます。

サービス売上高の増加AIカンパニーとして見なされれば、株式市場から高い評価を得る可能性も十分あります。

ディアは、テクノロジーと農機具を融合させてきた実績があります。今後はAIを活用して業績を向上させると、わたしは予想しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ディアは、おすすめ米国長期保有株10銘柄に選出するか迷った銘柄です。

当ブログでは、多くの銘柄を紹介しているため、筆者のポジションを公開しています。

モモ

メールアドレスを登録するだけで、投資に役立つ情報をゲットできるサービスを紹介します♪

モモ

配当株投資の銘柄選定やポートフォリオを組むコツを学びたい方はこちら♪

『年100回配当投資術』の紹介

Oxford Clubは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、書籍「年100回配当投資術」を無料でもらうことができます。

ブログ記事:【期間限定】『年100回配当投資術』サマリー(要約)版が今だけ無料で読めます。

モモ

AIとEVの融合で起きるTaaS革命について学びたい方はこちら♪

TaaS革命 特別動画の紹介

インベストメントカレッジは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIとEVの融合で起きる巨大革命」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと後悔】AIとEVの融合で起きるTaaS革命!その恩恵を受ける3銘柄とは?

モモ

バフェットの投資知識を身につけて、新NISAを有効活用したい人はこちら♪

5,000円相当の投資講座が無料

バフェットの投資手法が無料で学べる投資講座です。

新NISAをはじめたい人にもオススメで、9,800円相当の「投資信託完全攻略ガイド」を受け取ることもできます。

>> 投資講座「バフェッサ」を無料で視聴する。

モモ

AIとの相性がよく、成長が期待される業界について知りたい方はこちら♪

AI革命2.0 特別動画の紹介

Weiss Ratings社は、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【知らないと損】AIブームの10倍の規模を持つ「AI革命2.0」その恩恵を受ける2銘柄とは?

モモ

アメリカが世界最強と言われる時代が終焉するかもしれません。アメリカ経済が抱えるリスクについて理解したいという方はこちら。

「アメリカNo.1時代の終焉」の紹介

APJ Mediaは、アメリカの投資情報を提供しています。

今なら、特別動画「アメリカNo.1時代の終焉」を無料で視聴することができます。

ブログ記事:【悲報】『アメリカNo.1時代の終焉』無料動画を見た感想。

モモ

欧米は、日本と比べてESGへの関心が高い傾向にあります。世界基準の情報を入手するために、登録しておきましょう♪

ESG投資に関するメルマガ紹介

投資の脱炭素マーケット.comは、ESG投資に関する情報を無料で提供しています。

メールアドレスを登録するだけで、世界の脱炭素への動向や、テスラ車についての事例を知ることができます。

モモ

バフェット太郎さんのレポートを今だけ無料で読むことができます。

バフェット太郎さん限定レポートの紹介

moomoo証券で口座開設をするだけで、バフェット太郎さんのレポートを読むことができます。

レポートでは、小型グロース株投資で大きな損失を避ける注意点について分かりやすく説明されています。

ブログ記事:【感想】バフェット太郎の限定レポート「米小型グロース投資の極意 厳選20銘柄」を読みました。